ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

主とする対応疾患

  • 肺炎、気管支炎、細気管支炎、クループなどの呼吸器感染症や気管支喘息
  • 胃腸炎、腸重積、虫垂炎などの消化器疾患
  • 熱性けいれん、てんかん、髄膜炎・脳炎、精神運動発達遅滞などの神経疾患、自閉症などの発達障害
  • 先天性心疾患、不整脈、川崎病後遺症などの心疾患
  • 糖尿病、甲状腺疾患、低身長、肥満などの代謝・内分泌疾患
  • 急性腎炎、尿路感染症、ネフローゼ症候群、慢性腎炎、夜尿症等の腎泌尿器疾患
  • 川崎病、血管性紫斑病、血小板減少性紫斑病、リウマチ性疾患など
  • 乳幼児健診や予防接種

科の特徴

  • 三次救急を含めた、ほとんどの小児疾患の診断・治療を行っております。とくに小児に多い感染症などの救急疾患は、検査科、放射線科と連携し、迅速な診療に努めています。また、心臓、神経、血液、内分泌疾患、アレルギー、喘息について専門外来を開設しております。
  • 近隣の医療機関と連携して、入院や検査などの依頼に対応しております。
  • 手術の必要な尿路系疾患、神経系疾患は当院の泌尿器科、脳神経外科と連携して診療いたします。
  • 先天性心疾患、外科的疾患の治療は県立こども病院や筑波大学にご紹介します。
  • 小児病棟には専任保育士が常駐し、入院されたお子さまの入院生活をサポートしております。また、長期間入院が必要な小学生を対象に院内学級(すぎの子学級)があり、専任教諭により授業が行われます。
  • 心身症、不登校などに対して、当院臨床心理士によるカウンセリングが可能です。
  • 日本小児科学会の専門医研修施設です。

診療実績

(1)外来
外来は、午前中に一般診療を行っており、受診日の予約が可能です。午後は専門外来の他、予約制で乳児健診、予防接種外来を行っています。午後の時間外診療は基本的に紹介患者のみとなります。
2018年年間総外来受診者数は18,011名(前年18,843名)、1日平均73名(前年76名)と昨年より若干減少しました。救急外来受診者数は3,858名(総外来患者数比21.4%)と昨年の4,494名より減少し、救急車搬送数、救急入院数もおのおの349名、226名と昨年の509名、380名より減少しています。

(2)入院
2018年入院患者総数は788名で時間外の入院が380名です。入院患者の内訳は例年のように肺炎・気管支炎(92)、気管支喘息・喘息様気管支炎(81)、咽頭炎・扁桃炎(30)などの呼吸器疾患の入院が多く、次いでRSV感染症(37)、マイコプラズマ感染症(10)などの感染症、尿路感染症(34)、ネフローゼ症候群(6)など腎臓・尿路器疾患、胃腸炎(22)などの消化器疾患、てんかん(19)、熱性けいれん(16)などの神経疾患と続いています。その他、川崎病(22)、糖尿病、先天性代謝異常症など多岐にわたる疾患の入院に対応しています。

スタッフ紹介

菊地 正広 (主任医長 兼 副院長)
1981年東北大学卒。1991年より当院勤務、神経外来を担当。日本小児科学会小児科専門医・指導医、日本小児神経学会専門医。

小宅 泰郎 (主任医長)
1986年岩手医科大学卒。2009年より当院勤務。日本小児科学会小児科専門医・指導医。

諏訪部 徳芳 (主任医長)
1989年東北大学卒。2005年より当院勤務。日本小児科学会小児科専門医。

平木 彰佳 (主任医長)
2005年筑波大学医学専門学群卒。2011年より当院勤務。日本小児科学会小児科専門医、日本小児神経学会専門医。

甲斐 友美
2012年宮崎大学医学部医学科卒。2019年4月より当院勤務。

星野 寿男
1970年東北大学卒。1970年より当院勤務、心臓外来を担当。日本小児科学会小児科専門医。

その他特記事項

(1)救急診療体制について
平日は午後10時まで、土日祝日は午前8時より午後10時まで小児科医が常駐して診療に当たり、深夜帯も当直医の要請に応じて呼び出しにて対応しています。また準夜帯小児科時間外診療に関しては2009年4月から小児救急医療体制に対する日立医師会の支援として、医師会より週1回の診療のご協力をいただいています。診療を希望される方は受診前に電話で当院救急センターまでお問い合わせください。夜10時から午前2時までは茨城県立こども病院(029-245-1151)で初期救急を受け付けておりますので電話でお問い合わせください。

(2)受診される方々へ
受診の際は可能な限り、お近くの「かかりつけ医」を受診していただき、紹介状をお持ちになって受診するようお願いします。不明な点は当院地域医療連携室あるいは小児科外来までお問い合わせください。救急時間帯は、緊急の対応が必要な患者さんを優先して診療させていただきますのでお待ちいただくこともあります。あらかじめご了承ください。軽症の患者さんは出来るだけ日中のうちにお近くの「かかりつけ医」か、日曜、祝祭日はまず日立メディカルセンター休日診療所の受診をお願いします。

関連科

新生児科