ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

主とする対応疾患

  • 消化器系悪性腫瘍(食道がん、胃がん、大腸がん、肝細胞がん、胆管細胞がん、胆嚢がん、胆管がん、膵がん、十二指腸乳頭部がん、GIST、原発不明がん)
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)
  • 急性肝炎、劇症肝炎、慢性肝炎、肝硬変、急性膵炎、慢性膵炎
  • 吐血、下血の救急治療(胃・十二指腸潰瘍、食道静脈瘤、Mallory-Weiss症候群、逆流性食道炎、大腸憩室出血等)
  • 胆石、胆嚢炎、胆管炎、総胆管結石の診断と治療
  • その他の消化器系疾患(胃十二指腸潰瘍、ピロリ菌除菌治療など)

科の特徴

茨城県地域がんセンター、茨城県肝疾患相談支援センターに指定され、がんを含めた多くの疾患を診療しています。消化器系悪性腫瘍に対し、手術以外の化学療法、放射線療法、栄養療法を含む緩和療法を主に行なっています。食道がんに対しては術前化学療法、手術非適応の場合は放射線化学療法を、切除不能や再発した胃がん、大腸がん、膵がん、胆嚢がんに対しては化学療法を標準的な方法を用いて行なっています(最近では化学療法センターでの外来治療が増えています)。肝がんに対しては、経皮的ラジオ波焼灼療法や肝動脈塞栓術、分子標的治療薬、さらには放射線治療を病態に応じて選択して行なっています。その他の消化器系悪性腫瘍の方に対しても、より長くかつ快適に生活できるように化学療法、がん免疫栄養療法や緩和療法を行なっています。
以下の早期がんに対しは内視鏡治療を行なっています。(1)粘膜に限局した食道がん(粘膜筋板に浸潤したものを除く)(2)粘膜に限局した分化型胃がん、粘膜に限局した20mmまでの潰瘍を伴わない未分化型胃がんの一部(3)粘膜に限局した大腸がん(粘膜下層へ微小に浸潤したものも含む)。
吐血、下血をきたした患者さんに対しては緊急内視鏡により診断し、同時に止血術を行ないます(胃潰瘍、十二指腸潰瘍に対してはクリッピングや焼灼、純エタノールなどの局注、食道静脈瘤破裂に対しては結紮術、大腸憩室出血や出血性直腸潰瘍に対してはクリッピング)。
閉塞性黄疸に対し、可及的早期の内視鏡的減黄術を行い乳頭切開術やバルン拡張術にて結石除去、腫瘍の場合はステント挿入を行います。
ヘリコバクター・ピロリ菌に感染した患者さんに対し、除菌治療を行なっています。内視鏡は必要ですが胃炎も除菌できるようになりました。
その他の消化器系疾患や、腹部症状をきたした方への診断、治療、症状緩和に努めております。
また、近隣の医療機関と密接に情報交換をおこなっており、患者さんの紹介を受けたり逆紹介をさせていただいています。

診療実績

  1. 外来(記載事項:患者数、検査例数、その他科毎の特記事項)
    消化器内科受診者は1日当たり110名程度です。以前より外来患者数は減ってきていますが、まだまだ混雑しています。かかりつけ医への紹介をさせて頂き、待ち時間の短縮に努めています。
    2019年の内視鏡例数は、上部消化管3,838件(食道ESD 8件、食道静脈瘤EIS 2件、EVL 14件、食道狭窄拡張術 8件、胃ポリペクトミー 0件、胃EMR 10件、胃ESD 82件、APC 5件、胃瘻造設・交換 55件、内視鏡止血術 122件、異物除去 20件、イレウス管挿入補助 64件、EUS-FNA 27件、EUS 28件含む)小腸カプセル内視鏡13件、下部消化管2,079件(大腸ESD 39件、大腸ポリペクトミー 27件、大腸EMR 441件、大腸ステント留置術 1件、経肛門的イレウス管挿入 3件、内視鏡的止血術 59件、大腸狭窄拡張術 3件を含む)膵胆管系356件(緊急含む)(ERCP 45件、EPBD 11件、ERBD 145件、ENBD 19件、EST 86件、胆道砕石術 24件、胆道メタリックステント 24件を含む)気管支鏡518件(緊急含む)(EBUS-TBNA 56件、BAL・生検 59件、気管支内異物除去 1件を含む)総計6,804件でした。緊急内視鏡は上部403件、下部124件、胆道系134件、気管支鏡178件と緊急の胆道系処置が急激に増加しています。
    2012年に内視鏡センターが稼動し上部消化管検査、下部消化管検査はともに増加しています。地域に開かれた内視鏡センターを目標にしておりますので今後もご利用をいただければと思います。

  2. 入院(患者数、平均在院日数、その他科毎の特記事項)
    東日本大震災により当院の病床数は561床から337床と減少していましたが、徐々に病床数は増加しています。消化器内科は複数の病棟で入院をしておりましたが、本館棟が完成し、病棟も2箇所に固定されました。2019年に退院した消化器内科の患者数はのべ1,486人でした。クリニカルパスの導入を行い在院日数は減少傾向にあり平均在院日数は9.8日でした。

  3. 治療実績(手術件数、5年生存率、その他科毎の特記事項)
    すべてのがん治療において、薬剤師、看護師や管理栄養士、歯科口腔外科等と連携しチーム医療を実践しています。免疫チェックポイント阻害薬に関連した副作用対策もチームで行っています。
    食道がんに対しては、術前化学療法や根治を目標とした放射線化学療法を施行しています。胃がんではTS-1+CDDP治療、ハーセプテスト強陽性の場合はCapeOX+ハーセプチンを使用します。セカンドライン以降の治療効果も向上しtaxan系+ラムシルマブ、ニボルマブ、CPT-11、TAS-102を使い切る戦略で行っております。肝細胞がんは肝動脈塞栓療法とRFAさらには放射線治療(陽子線治療を含む)を組み合わせて集学的に行っています。特にRFAは初回治療にRFAを施行した115例の解析で1年生存率95.9%、2生率85.3%、3生率75.4%、4生率63.9%,5生率59.3%、6生率44.3%、7生率38.7%と良好な成績でした。分子標的治療薬も積極的に使用しさらに治療成績が向上しています。切除不能膵がんではgemcitabine+nab-パクリタキセル、FOLFIRINOXやTS-1を使用しております。胆道系のがんに対してはgemcitabine+CDDPやTS-1を使用することで長期生存例が見られるようになりました。また、閉塞性黄疸に対し迅速なステント挿入を施行しQOLの向上に役立っています。
    一次治療が無効になった消化管癌にMSI-high遺伝子変異を調べ治療可能な場合 pembrolizumabが使用可能です。大腸がんでは、がん遺伝子の状態(RASKET-B)を治療開始前に調べて治療方針を提案いたします。mFOLFOX6,FOLFIRI,FOLFOXIRIに血管新生阻害薬、抗EGFR抗体薬の上乗せを行い、サルベージラインではRegolafenib、TAS-102を使用しています。Helicobacter pylori 感染症に除菌治療を積極的に推進しています。その他B型C型慢性肝炎治療、消化管出血に対する緊急内視鏡止血、総胆管結石除去術、早期胃がん・大腸がんの内視鏡治療、消化管狭窄に対するステント治療、胃瘻は造設前の嚥下評価を行い標準的な手法で造設し良好な成績が得られています。PTEGも開始しています。

スタッフ紹介

鴨志田 敏郎(副院長)
1988年弘前大学医学部卒。日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会指導医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本肝臓学会指導医、日本病理学会専門医、日本消化器がん検診学会がん検診総合認定医、日本ヘリコバクター学会認定医、日本静脈経腸栄養学会認定医。

平井 信二(院長付)
1981年筑波大学医学専門学群卒。日本内科学会総合内科専門医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本消化器病学会指導医、日本消化器がん検診学会指導医、ICD、人間ドック健診指導医。

谷中 昭典(主任医長 兼 筑波大学附属病院日立社会連携教育研究センター 教授)
1980年筑波大学医学専門学群卒。日本内科学会認定内科医、日本内科学会内科指導医、日本消化器内視鏡学会指導医・(同)社団評議員・(同)関東支部運営顧問、日本消化器病学会指導医・(同)本部評議員・(同)関東支部幹事、日本消化管学会胃腸科指導医、日本ヘリコバクター学会認定医、日本カプセル内視鏡学会指導医、日本医師会認定産業医認定医、日本潰瘍学会理事、筑波大学附属病院日立社会連携教育研究センター教授。

柿木 信重(主任医長)
1998年新潟大学医学部卒。日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本肝臓学会専門医。

大河原 敦(主任医長)
2003年獨協医科大学医学部卒。獨協医科大学越谷病院 救急医療科 初期研修医。2005年4月より救急医療科医師。2006年4月より当院勤務。日本内科学会総合内科専門医、日本救急医学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医。

大河原 悠(主任医長)
2005年獨協医科大学医学部卒。獨協医科大学越谷病院初期研修医、2007年より当院勤務。日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医。

浜野 由花子(医長)
2009年新潟大学医学部卒。筑波大学附属病院初期研修医、同院消化器内科後期研修医を経て2019年から当院勤務。日本内科学会総合内科専門医。日本消化器病学会専門医。日本消化器内視鏡学会専門医。

山口 雄司(医長)
2013年昭和大学医学部卒。筑波メディカルセンター初期臨床研修、2018年4月より当院勤務。日本内科学会認定内科医。日本消化器病学会専門医。

馬淵 敬祐(医員)
2017年東邦大学医学部医学科卒。東京大学医学部付属病院初期臨床研修、JR東京総合病院初期臨床研修、2019年より当院勤務。

その他特記事項

近くの病院、医院からも多くの紹介を受けております。その際、是非紹介状と資料を借りてきていただけると幸いです。また、当科の治療方針以外にも他の病院のセカンドオピニオンをおききになりたい場合、遠慮なく言っていただければ、遅滞なく紹介状を書き、資料をお貸しいたします。