ページの本文へ

日立総合病院

Hitachi

がん相談支援室

日立総合病院では、がん相談支援室を開設しております。
地域の皆さまから「がん」に関する医療・療養・経済面などの不安や悩みをうかがい、医療ソーシャルワーカーや看護師等が、疑問や問題を解決するお手伝いをします。どうぞお気軽にご相談ください。

例えばこのような相談をお受けします

あなたの理解を助けます
「医師に言われたことの意味がよくわからない」「どんな治療法があるの?」
「他の医師の意見は聞けるの?」「薬のことが知りたい」
あなたの心を支えます
「がんと言われ頭が真っ白」「相談できる人がいなくて不安でいっぱい」
「同じ病気の人と知り合いたい」
あなたの生活を支援します
「医療費がいくらかかるのか心配」「訪問看護を受けるにはどうしたらいいの?」
「退院後、職場復帰できるか不安」「介護保険は使えるの?」
あなたの家族も支えます
「家族ががんです。どう接したらいいの?」

相談方法

電話相談
窓口相談(本館棟1階 7番 医療サポートセンター)
面接相談(本館棟1階 7番 医療サポートセンター内の面接室で対応します)
※ 相談料は無料です。
※ 電話相談は1回15分程度とさせていただきます。
※ 予約の必要はありませんが、相談が重なった場合は予約を優先いたします。
   あらかじめお電話をいただければ日程調整をいたします。
※ 相談内容については、守秘義務を厳守いたしますので、ご安心ください。

 相談日時:月−金曜日(祝日・病院休診日を除く) 9:00-15:00
 問合せ先:場所 医療サポートセンター がん相談支援室(本館棟1階 7番窓口)
       電話 0294-23-1111 (内線 4416・4221)

就労相談のご案内

当相談窓口では茨城県の事業の一環としまして、社会保険労務士による、働きながら治療を受けられているがん患者さんのための就労相談を行っております。
詳しくはこちらの資料をご覧いただき、ご希望の方は予約窓口(電話番号:0294-23-8341 平日13:00〜15:00)までご連絡ください。

問合せ先:場所 医療サポートセンター がん相談支援室(本館棟1階 7番)
       電話 0294-23-1111 (内線 4416・4221)
       担当 天池

がんピアサポート事業について

ピアサポートのようす

ピアとは英語で「仲間」「同等」と言う意味で、ピアサポートとは、がんを体験した人が「仲間」として「体験を共有し、ともに考える」ことで、がん患者やその家族の生活や治療への不安などを軽減するための活動をいいます。
患者会とは異なり、がんを体験したピアサポーター2名が、ゆっくり時間をかけて来室していただいた方の想いを伺います。「告知されて頭がまっしろ」「大勢の中ではまだ話す勇気が出ない…」「転移や再発したので、体験した方と話をしたい」などという方がいらっしゃいましたら、ぜひ足を運んでみてください。がんに関係している方であれば、本人に限らず、ご家族・友人・職場の方など、幅広くお受入れしています。
また、専門的な相談をご希望の方については、がん相談支援センターのスタッフ(看護師・社会福祉士)と連携しながら支援も行っています。一歩を踏み出すことで不安や気持ちがやわらぐかもしれません。来室をお待ちしています。


【活動内容】
日時:毎週木曜日 午後1時〜3時30分
場所:本館棟1階 7番 医療サポートセンター
予約:前日までに予約センターで電話予約をお願いします。
    ただし、予約の方がいらっしゃらない場合は、当日でも対応可能です。
     「誰かと話がしたいな…」と思ったら、まずは扉をノックしてみてください。
       電話番号:0294(23)8341
       予約受付:月〜金曜日(病院開院日) 
来院して予約する場合:午前8時30分〜午後4時30分まで
電話での予約する場合:午後1時〜午後3時
駐車料金:無料です。
       本館棟1階の6番入退院受付でスタンプを押印します。


【ピアサポーター】

  • ピアサポーターの養成は茨城県保健福祉部保健予防課で行っており、茨城県がん診療連携拠点病院(7ヶ所)で実施しているピアサポート事業に配属されています。
  • 2015年8月現在、当院のピアサポーター登録者は10名(男性2名・女性8名)で、全員上記ピアサポート養成講習会を修了しています。
  • 認定後も定期的にフォローアップ研修を受講し、相談の質の向上に努めています。

ピアサポーター