ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

主とする対応疾患

長引く熱、体重が減る、しびれ、むくみ、リンパ節の腫れ、検診の数値の異常 など

科の特徴

体に辛い症状が起きたとき、それがどの内臓、どの科の病気なのか分からなかったり、何科にかかったらよいのか困ることがあります。

総合内科は『何科にかかってよいか分からない症状がある方』を診察する科です。お困りの症状がどのような原因で起きているのか、その見当をつけることを業務としています。

診察によって病気や症状がお薬で治るものとわかれば、当科の外来で様子をみます。専門科の診察や治療が必要な症状・病気であれば、当院の専門科、あるいは他の医院・病院への紹介を行います。

総合内科は内科系の外来診療科であり、入院診療は行っていません。また精神疾患の診療やけがの処置も行っていません。体調が極端に悪い方や入院が必要となった場合は、救急集中治療科と連携し対応します。

診療体制

病院診療日の午前11時までに受付をされた、総合内科宛ての紹介状がある方、あるいは急病でかかられた方の診察を行います。診察は1~2年目の初期研修医、3~5年目の後期研修医、総合内科専門医を含む各内科専門医が行います。

患者さんへのお願い

  • 総合内科は、外来受診の「予約」を受け付けていません。当日いらっしゃった患者さんを、体調が悪い方から優先して診察しています。診断のついていない複雑な病状の患者さんが多いため、お一人ずつの診療時間が長くなり、待ち時間でご迷惑をおかけすることがあります。
  • 他の医療機関での診察や検査、処方が病気の診断のヒントとなることがあります。当科を受診される場合は、ぜひかかりつけ医の先生からの紹介状をお持ちください。紹介状がない場合も、検査内容(採血結果のコピーなど)やお薬手帳をお持ちいただきますようお願いします。
  • 総合内科は『症状から病気を診断したり、治療方針の見当をつける』ことを目的とした科ですので、かかりつけ医としての診療は行っておりません。生活習慣病や、診断後も治療を続けなくてはならない病気がみつかった場合は、当院での診療の継続はできません。病診連携に基づいてかかりつけ医(クリニックや病院)に紹介させていただきます。