ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

1.リハビリテーションセンターの特徴

ICU(集中治療室)から回復期リハビリテーション病棟まで一貫した治療概念に基づく、リハビリテーション医療を提供しております。
患者さんの個々の状態に対応できるよう理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を配置し、早期リハビリテーションの実施や回復期リハビリテーション病棟の365日体制を整えております。
また、院内外を問わずチーム医療を重視し、他職種はもちろん地域とも積極的に連携することにより患者さんの円滑な在宅復帰を目標に支援しております。

2.リハビリセンター長からのご挨拶

センター長

当院のリハビリテーション(以下リハビリと略)センターでは、急性期入院治療の早期の段階から必要な患者さんにリハビリを開始(急性期リハビリ)し、さらにリハビリが必要な患者さんには回復期リハビリ病棟(回復期リハビリ)で集中的にリハビリを継続して行う体制を整えています。この体制に基づいて早期に疾病からの回復に努めることをモットーに院内すべての各診療科からの依頼に対応しております。
当センターでは医師、療法士、看護師、栄養士、薬剤師、MSWなどが一体となり、効率的なチーム医療を提供しています。今後も県北地域におけるリハビリ医療の益々の充実と、患者さんが早期社会復帰できるようさまざまな疾病の段階に対応できるよう努力してまいります。

3.回復期リハビリテーション病棟

脳卒中などの脳血管疾患や骨折、脊椎手術、肺炎などの急性期治療を終えた方の日常生活動作能力の向上と自宅・社会復帰を目的として、一定期間に集中してリハビリテーションを行います。 当院では医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士などの専門スタッフが協同でリハビリテーションプログラムを作成し、在宅復帰を目標とした支援を行います。

病棟

4.地域リハビリテーション広域支援センター

茨城県より指定を受けております

  • 茨城県指定地域リハビリテーション広域支援センター
  • 茨城県指定地域リハ・ステーション
  • 茨城県指定小児リハ・ステーション

高齢者や障害者等、誰もが住み慣れた地域で、適切なリハビリテーションを受けることができるよう、茨城県が指定する県北の医療機関等を拠点に、地域の病院や診療所、訪問看護ステーション、介護老人保健施設、教育関係機関等との連携協力体制を確立し、地域リハビリテーションを総合的に推進いたします。

5.診療実績

一日平均患者数
   理学療法   外来:11件  入院:283件
   作業療法   外来:7件  入院:146件
   言語聴覚療法 外来:3件  入院:82件

6.スタッフ紹介

 リハビリテーション専門医
        常勤  1名
        非常勤 2名

 回復期リハビリテーション病棟専従医
        常勤 2名

 理学療法士 40名
 作業療法士 25名
 言語療法士 13名