ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

主とする対応疾患

  • 肺腫瘍(肺がん、良性肺腫瘍、転移性肺腫瘍)
  • 縦隔腫瘍
  • 胸膜腫瘍(悪性胸膜中皮腫、孤立性線維性腫瘍など)
  • その他の胸部腫瘍(気管・気管支腫瘍、胸壁腫瘍など)
  • 気胸(原発性・続発性自然気胸、その他の気胸)
  • 内科的治療抵抗性の胸部感染症(肺膿瘍、肺真菌症、胸膜炎・膿胸など)
  • その他の胸部手術を要する疾患・病態(喀血、胸部外傷、肺分画症など)

科の特徴

  • 当科は呼吸器外科専門医合同委員会の基幹施設認定を受けております。高度で専門的な呼吸器外科診療を提供してまいります。
  • また当院は茨城県地域がんセンターおよび地域がん診療連携拠点病院の指定を受けております。肺がんをはじめとする胸部悪性腫瘍においては、呼吸器内科・放射線科・放射線治療科と連携・協同して患者さんの意向を踏まえた最適な治療を提供できるよう取り組んでいます。
  • 日立医療圏で実施される胸部X線・低線量CT検診によって発見された早期肺癌(あるいは疑い)の患者さんには体に負担の少ない(低侵襲)手術を(胸腔鏡下手術や小開胸手術、肺の切除範囲を小さくした区域切除術や部分切除術)を行っています。
  • 局所進行肺癌に対しては、術前あるいは術後に抗がん剤、放射線治療を組み合わせた治療(集学的治療)を積極的に取り入れております。

診療実績

  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
原発性
肺悪性腫瘍
63
(43)
91
(57)
80
(50)
71
(19)
92
(23)
93
(30)
118
(38)
転移性
肺腫瘍
7
(6)
9
(7)
9
(6)
10
(3)
11
(5)
19
(6)
7
(5)
縦隔腫瘍 11
(10)
9
(6)
8
(4)
5
(0)
9
(3)
11
(5)
8
(4)
気胸 18
(15)
19
(19)
21
(21)
32
(31)
24
(23)
27
(26)
33
(31)
その他 13
(6)
31
(22)
15
(9)
37
(20)
26
(14)
27
(13)
31
(17)
112
(80)
159
(111)
133
(90)
155
(73)
162
(68)
177
(80)
197
(95)

*( )内は胸腔鏡下手術数

外来および救急診療体制

  • 外来日は火曜日と木曜日です。予約票をお持ちでない方は、紹介状をお持ちください。
  • 月曜日・水曜日・金曜日は手術日となっています。術後や治療中の患者さんで体調の変化などあり受診を希望される場合にはお電話でご連絡ください。救急総合診療科など他の診療科で診療いただくこともあります。
  • その他緊急の体調、夜間・休日は当直医あるいは救急救命センターで初期診療が行われます。必要であれば当科オンコール医師に連絡が入る体制になっています。

臨床研究および登録事業

呼吸器外科診療における質と安全性を向上することを目的に臨床研究や登録事業に取り組んでいます。
臨床研究には当科が主体となり施行するものと共同研究に参加しているものがあり、すべて院内の倫理委員会承認を得て実施しています。

  • 本邦における肺切除後脳梗塞に関する周術期、手術因子の解析(多施設共同研究)
  • 高齢者肺癌に対する外科治療の安全性と有効性を評価するための多施設共同前向き調査研究(観察研究)
  • 胸膜中皮腫患者のQuality of Lifeに関する調査(調査協力)

スタッフ紹介

市村 秀夫 (主任医長 兼 筑波大学附属病院日立社会連携教育研究センター 教授)
1994年筑波大学医学専門学群卒。筑波大学附属病院、日立製作所日立総合病院、湖南病院、米国コロンビア大学(研究員)、筑波メディカルセンター病院を経て2014年10月より当院勤務。日本外科学会・認定医・専門医・指導医、日本呼吸器外科学会・評議員・指導医、呼吸器外科専門医合同委員会・呼吸器外科専門医、日本呼吸器内視鏡学会・気管支鏡専門医・指導医、日本がん治療認定医機構・がん治療認定医・がん治療暫定教育医、日本肺癌学会評議員。

小林 敬祐 (主任医長)
2005年山形大学医学部卒。東京医科歯科大学附属病院、土浦協同病院、茨城西南医療センター病院、筑波大学附属病院を経て2014年4月より当院勤務。日本外科学会外科専門医、呼吸器外科専門合同委員会・呼吸器外科専門医、日本呼吸器内視鏡学会・気管支鏡専門医。

川端 俊太郎
2008年防衛医科大学医学科卒。筑波大学附属病院、茨城県立中央病院、土浦協同病院を経て2019年4月より当院勤務。日本外科学会外科専門医、日本呼吸器内視鏡学会・気管支鏡専門医。

岡村 純子
2016年筑波大学医学群医学類卒。筑波学園病院、筑波大学附属病院、霞ヶ浦医療センター、茨城西南医療センター病院を経て2019年4月より当院勤務。

Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。