ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

[画像] 工場も憧れる工場。

自分たちで作ったエコ製品が大活躍!習志野事業所は世界の省エネモデル工場です。

習志野事業所は、生産性と環境の両立を基本方針に掲げる株式会社日立産機システムのエコファクトリーです。
その確かな技術と省エネ効果がお客さまから高く評価され、工場そのものが省エネ製品のショールームを兼ねるほど。海外からも多くの研修生を受け入れるなど、世界の省エネモデル工場として注目を集めています。

省エネルギー

自社製品を使って工場の省エネを実現。きめ細かな工夫で電力のムダをなくします。

[画像] 高効率モータ

習志野事業所で一番多く電力を使うのは、工場設備を動かすモータです。これを自社で開発しているインバータで制御したり、高効率モータに入れ替えることで大きな省エネ効果が得られました。

同様に工場設備の動力源となる圧縮空気を作る空気圧縮機は、省電力で運転を可能にするインバータ制御のものを導入。変電設備の変圧器も電気ロスの少ない高効率アモルファス変圧器に替えるなど、日立産機システムを代表する省エネ製品をフルに活用して工場の省エネを実現しています。

さらに、電力の使用量を“見える化”する監視システムの導入など、自分たちで作っている製品だからこそできるきめ細かな工夫で電力のムダをなくしています。

廃棄物削減

ムダを減らす。繰り返し使う。再生して使う。限りある資源だからこそ大切にしています。

工場内で発生する段ボール廃材は、加工してモータ部品を梱包するときの緩衝材として再利用。製品の洗浄に使うアセトン溶剤も回収後に汚れを取り除いて再利用。さらに、ゴミ分別表の掲示やペットボトルのキャップ回収の徹底など、社員一人ひとりの地道な努力を積み重ねることで、廃棄物のリサイクル率99.96%を達成しています。

モーダルシフト

トラック輸送から鉄道輸送にチェンジ!製品を運ぶときも環境に配慮しています。

[画像] エコレールマーク

製品の輸送では、CO2削減のためトラック輸送からCO2鉄道輸送の活用に切り替えています。こういった取り組みが評価され、2008年、『日立モートル』*1はモータ製品としては初めて国土交通省が推進する「エコレールマーク」認定商品*2に選ばれました。

*1
日立モートルは日立産機システムの商標です。
*2
500km以上の陸上貨物輸送のうち30%以上鉄道を利用している場合、認定商品となります。

エネルギー回収システム

見逃しがちな水のエネルギーを発見!配管上に小さな水力発電所を作りました。

[画像]

広い工場を探してみたら、工場用水の配管の中を流れる水のエネルギーがありました。この配管上に発電機を取り付けることで、小さな水力発電所ができました。発電出力は最大で1.5kWとわずかですが、工場で使う電力の一部として有効に活用されています。

太陽光発電システム

無限でクリーンな太陽光は地球環境に配慮したエネルギーです。

[画像]
[画像]

電力を使うだけでなく、創るという発想も大切です。習志野事業所では、30kW(168枚)、100kW(480枚)の発電パネルを組み合わせて、定格出力130kWの発電を行ない電力会社から購入する電力と合わせて工場内で利用しています。
また、発電モニタでリアルタイムに発電量を確認できるため、工場内の省エネ意識がよりいっそう高まりました。

この事業所の認定項目

[画像] 再生可能エネルギー活用

再生可能エネルギーの活用
130kWの太陽光発電システムを導入(2015年度実績)

[画像] 廃棄物等循環利用

廃棄物等の循環利用
最終処分率0.1%未満、電子マニフェスト登録率100%達成(2015年度実績)

製品紹介

[画像] ザ・モートルNEO100 Premium

ザ・モートルNEO100 Premium
2015年度より開始のトップランナー規制効率値(IE3相当)をクリアし、省エネに貢献します。

[画像] 省エネHEポンプ

省エネHEポンプ
ビルやマンションなどの給水に利用するポンプで、IE4相当の高効率磁石モータを搭載し省エネに貢献します。インバータ機能を内蔵しているため制御盤が不要で、省スペース化にも貢献します。

[画像] インバータNE‐S1シリーズ

インバータNE‐S1シリーズ
モータを可変制御することで省エネに貢献。常時最小の電力消費となるよう制御する自動省エネ制御を搭載。さらにCE等海外規格に標準で対応しています。