ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

[画像] ITで価値と感動を創るエコオフィス。

最先端のソフトウェア開発拠点をめざし、最新の環境配慮型オフィスを実現しました。

日立製作所 ICT事業統括本部 横浜事業所は、グローバル市場を見据えたITプラットフォーム製品・サービスを提供し、お客さまの新たな価値と感動を創造するオフィスです。 最新の環境配慮型オフィスとして、屋上には太陽光パネルを設置し、自然エネルギーをオフィスの消費電力の一部として利用しています。オフィス内には約6,000台のLED照明を導入するとともに、吹き抜けを設けることで自然光を取り入れた明るく快適な空間を実現しています。オフィスレイアウトについても「集中」と「コミュニケーション」をコンセプトに、働きやすいオフィス設計、レイアウトを工夫しています。

[画像] 左:執務室LED照明、右:太陽光発電設備

[画像] 屋上には約2,000枚の太陽光パネルが並べられ、定格出力500kWの発電能力があります。

この事業所の認定項目

[画像] 高効率照明の導入

高効率照明の導入
オフィス全域・応接エリア・共用棟に約6,000台のLED照明を導入(2015年度実績)

[画像] 再生可能エネルギーの活用

再生可能エネルギーの設置
500kWの太陽光発電システムを設置(2015年度実績)

製品紹介

[画像] JP1

JP1
日立が長年培ってきたシステム運用管理の技術・ノウハウを幅広く提供し、高度で複雑なシステム運用を誰もが簡単に実行できるやさしい運用管理ツールです。

[画像] BladeSymphony

BladeSymphony
システムの仮想化、統合管理、省電力運用など、次世代プラットフォームの要となる技術に日立の開発リソースとノウハウを投入し、柔軟かつ高信頼なシステムの基礎となるブレードサーバです。

[画像] BladeSymphony

日立ストレージソリューション
高性能・大容量・低消費電力な日立独自のフラッシュ媒体をエンタープライズクラスのストレージからミッドレンジクラスのストレージまでサポートしています。