ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

日立グループは、事業活動による環境負荷を低減するため、エネルギー、廃棄物、化学物質や水の効率的な利用を進めるため、目標を定めて取り組んでいます。その中で、高いレベルで環境に配慮し、成果を上げている事業所を「エコファクトリー&オフィスセレクト」と認定し、環境に配慮したモノづくりの推進と活動の活性化に役立てています。

エコファクトリー&オフィスセレクトの認定基準は、製造部門(ファクトリー)、業務部門(オフィス)それぞれの特性を考慮して、「ファクトリー認定評価項目」「オフィス認定評価項目」を設定しています。

ファクトリー認定評価項目

エネルギー利用効率

エネルギー利用の効率化
エネルギー使用量原単位改善率2005年度比30%以上

再生可能エネルギー活用

再生可能エネルギーの活用
再生可能エネルギーを100kW以上導入(グリーン電力証書は除く)

照明器具

高効率照明の導入
点灯時間2500h/年以上の室内照明器具がLED照明(LED照明相当の発光効率器具*1

廃棄物等循環利用

廃棄物等の循環利用
[日本国内]最終処分率0.1%未満
[日本国内]電子マニフェスト登録率100%*2
[日本以外]最終処分率0.1%未満*3
*1
建屋に付帯する簡易事務所、トイレ等は含めない。LED照明相当の高効率照明は、セラミックメタルハライドランプ(メタセラム相当品)、無電極管照明とする。
*2
電子マニフェスト登録率:電子マニフェスト発行数/マニフェスト総発行数
尚、電子マニフェスト発行が困難な場合は分母より除外してもよいが、理由を明確にする(例:JR貨物、船便利用など)
*3
最終処分率の算出根拠は各国の事情に応じる(国情の説明資料要)

水循環利用

水循環の効率的な利用
全製造工程で使用する全ての水を再利用または再生利用する仕組みを実施

VOC排出割合

VOC排出の削減
VOC大気排出割合1%未満

オフィス認定評価項目

照明器具

高効率照明の導入
点灯時間2500h/年以上の室内照明器具がLED照明(LED照明相当の発光効率器具*1
*1
建屋に付帯する簡易事務所、トイレ等は含めない。LED照明相当の高効率照明は、セラミックメタルハライドランプ(メタセラム相当品)、無電極管照明とする。

再生可能エネルギー活用

再生可能エネルギーの活用
再生可能エネルギーを50kW以上導入(グリーン電力証書は除く)

省エネルギー

省エネルギーの推進
エネルギー使用量原単位改善率2005年度比20%以上

建築物環境性能

オフィスビルの環境性能向上
[日本国内]CASBEE格付け“S”ランク相当
[海外以外]所在自治体のエコオフィス認定制度で認定

エコファクトリーセレクト認定証について

[画像]エコファクトリー認定証
エコファクトリー認定証

[画像]
エコファクトリー認定楯

2012年度より、エコファクトリー&オフィスセレクトの認定を受けている事業所に認定証と楯を授与しております。