ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

画像: つくるときから環境に配慮

環境のために車両構造と生産方式を一新。省エネ、省資源を進めています。

山口県下松市にある笠戸事業所では、軽量アルミ素材を採用した鉄道・新幹線車両の開発・製造を行っています。車体の組み立てには、「摩擦攪拌接合」という、接合部分だけを摩擦熱で柔らかくする接合技術を適用。従来の溶接法と違い、アルミを溶かさずに接合できるため、必要な熱量も従来の溶接法と比較して少なく、一車両あたりの電気使用量を46%削減しました。また、空気抵抗を極限まで減らす独特の形状が特長の新幹線の先頭車両は、「高速切削技術」を採用。加工表面を滑らかに仕上げることで、表面の凹凸をなくすために使用していたパテと呼ばれる塗料の使用量を89%減らし、塗料に含まれる化学物質の使用量を大幅に削減しました。このほかにも、車両の防水試験工程で使用する水を100%循環利用しています。さらに、廃棄物については2002年以降ゼロエミッション*を達成し、2013年にはさまざまな活動を通じて最終処分率を0.1%未満にするなど環境配慮を進めています。

画像:  工場の屋根は熱反射セラミック塗装なのでとても涼しく空調の負荷も少ないそうです

*
ゼロエミッション : 日立グループでは、当該年度最終処分率 (埋め立て処分量/廃棄物等発生量) 0.5%未満と定義

この事業所の認定項目

画像: 廃棄物等循環利用

廃棄物等の循環利用
最終処分率0.1%未満、電子マニフェスト登録率100%達成 (2015年度実績)

製品紹介

画像: A-train

A-train
リサイクル性に優れ軽量なアルミ素材を採用した車両で、FSW (摩擦攪拌接合) という溶接技術により、ゆがみが少なく、無塗装でも美しい車両です。Aluminum (アルミ)、Advance (先進)、Amenity (快適)、Ability (性能)、それぞれの頭文字「A」から名付けられました。