ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

主とする対応疾患

乳がん、甲状腺がん、乳腺良性疾患、甲状腺良性腫瘍、手術を要するバセドウ病、副甲状腺機能亢進症など

科の特徴

茨城県北部で唯一の乳癌学会認定施設、内分泌外科学会認定施設として、専門医を中心として診断、治療を行っています。
乳腺疾患に関しては、受診当日に可能な限り、超音波検査、マンモグラフィ、必要に応じて針生検等を施行し、診療結果を説明するようにしています。
乳腺外来は完全予約制です。乳房のしこり、異常乳頭分泌などの症状のある方、乳がん検診にて要精密検査となった方、および他医療機関より紹介された方を対象としております。受診を希望される方は事前に電話または外科外来窓口での予約をお願いいたします。
自覚症状のない乳がん検診目的の方は、市町村の検診または人間ドックなどの検診を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。日立総合健診センター 乳がん検診
乳がん治療は、手術、放射線治療、薬物療法(ホルモン剤、抗がん剤、分子標的薬剤)などを、病状やがんの性質等に応じて組み合わせる集学的かつオーダーメイド治療を行っております。形成外科の協力のもと乳房再建手術にも対応しております。
また、退院後の生活を重視し、リンパ浮腫外来乳がん患者会がんピアサポート相談なども備えております。
甲状腺、副甲状腺疾患に関しては、完全紹介予約制です。手術が必要な甲状腺、副甲状腺疾患に積極的に対応しております。

診療実績

(外来)
2021年の外来患者数は11,687名(一日平均46名)、外来初診患者数は546名(月平均45.5名)でした。
乳がんに対する外来化学療法(抗がん剤治療)は年間1,388件でした。
(入院)
2021年の入院患者延べ人数は300人、入院手術数は275件でした。

過去6年間の主な手術実績を表にしました。

年度 2016 2017 2018 2019 2020 2021
乳がん
174
190
197
213
231
216
 うち乳房温存
113
113
126
125
133
112
 うち乳房切除
61
77
71
88
98
101
  うち同時再建
12
15
13
8
8
13
乳房良性腫瘍
23
16
14
18
13
22
甲状腺がん
15
16
21
19
29
26
甲状腺良性病変
9
8
13
17
8
12
バセドウ病
2
4
5
4
6
2
副甲状腺機能亢進症
10
16
5
6
4
12

診療体制

常勤医5名(伊藤、三島、周山、高野、渡邊)非常勤医1名(八代)の体制で診療に従事しております。

救急診療体制

かかりつけ患者の夜間・休日急患は外科系当直医が救急センターで診察を行います。必要と判断された場合、当番外科医師、担当医師に連絡を取り対応いたします。

スタッフ紹介

伊藤 吾子 (主任医長)
1997年筑波大学医学専門学群卒。神奈川県出身。筑波大学乳腺甲状腺内分泌外科。日本外科学会指導医、日本乳癌学会指導医、日本超音波医学会指導医、日本内分泌外科学会専門医、日本乳がん検診精度管理中央機構マンモグラフィ読影医、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定医、日本乳癌検診学会評議員、乳腺甲状腺超音波医学会評議委員。

三島 英行 (主任医長)
1998年弘前大学医学部卒。茨城県出身。卒後、筑波大学乳腺甲状腺内分泌外科。日本外科学会専門医、日本乳癌学会認定医、日本乳がん検診精度管理中央機構マンモグラフィ読影医、日本内視鏡外科学会認定医。

周山 理紗 (医長)
2010年筑波大学医学専門学群卒。長野県出身。筑波大学乳腺甲状腺内分泌外科。日本外科学会専門医、日本乳癌学会専門医、日本超音波医学会専門医、日本乳がん検診精度管理中央機構マンモグラフィ読影医、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定医。

高野 絵美梨 (医員)
2017年東京女子医科大学卒。筑波大学附属病院、筑波メディカルセンター病院、つくばセントラル病院を経て2022年2月より当院勤務。

渡邊 瑞穂 (医員)
2018年筑波大学医学群医学類卒。筑波大学附属病院を経て2022年4月より当院勤務。

八代 享 (非常勤)
1977年横浜市立大学医学部卒。
日本外科学会指導医、日本内分泌外科学会専門医・評議員。