ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

病棟の配置(1号棟)

 がんセンター3階、4階には108床の病床があります。

■3階病棟

1号棟3階
特別個室   2室
個室 12室
2床室   1室
4床室 10室
合計 56床
  •               *主として外科系の患者さん

■4階病棟

1号棟4階
特別個室   2室
個室 14室
2床室   2室
4床室   8室
合計 52床
  •               *主として血液系の悪性腫瘍および内科系の患者さん

緩和ケア

 緩和ケアとは、「生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より、痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな(霊的な、魂の)問題に関して、きちんとした評価をおこない、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、クオリティー・オブ・ライフ(生活の質・生命の質)を改善するためのアプローチである」(WHO 2002年)と定義されています。
 また国は、「がん対策基本計画」で緩和ケアを推進しており、治療の初期段階から行われる必要があるとしています。

 当院では、専門職種(医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、管理栄養士、療法士、公認心理師など)がチームを編成し、次のような活動で緩和ケア推進を図っています。

■緩和ケアチーム
 入院中の患者さんとその家族のつらさ、痛み、精神面などを総合的に支援する活動をしています。

  1. 対象となる方
     入院中の患者さんとその家族となります。※主治医からの依頼が必要です。
  2. 緩和ケアチーム活動の時間帯および場所
     チームによる回診  : 病院診療日に病室へ回診します。
     チームによる回診以外: 看護師…チーム回診以外も継続フォローします。
                 薬剤師…麻薬使用患者の疼痛評価を行います。
                 ソーシャルワーカー…適宜、相談に応じています。
                 詳しくはがん相談支援センターのページをご覧ください。
  3. 緩和ケアチームの支援依頼
     入院中で緩和ケアチームの支援をご希望する方は、まず主治医または担当看護師へご相談ください。
     主治医または担当看護師からの依頼により、緩和ケアチームが病室にお伺いいたします。


■緩和ケア外来
 通院中の患者さんとその家族に対し、つらさ、痛み、精神面などを総合的に支援する外来です。詳しくは、緩和ケア外来をご覧ください。

■緩和ケア病棟
 緩和ケア対象となる患者さんに対し、医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、管理栄養士、療法士、公認心理師など多職種で主に症状緩和を目的として、からだやこころのつらさを和らげる治療やケアを行う病棟です。痛みなどの症状緩和を目的とする放射線治療は受けられます。
 当院で悪性腫瘍の治療を受けている患者さんに対応します。

禁煙外来

 2010年10月より病院敷地内禁煙を開始し、禁煙外来の保険診療を開始しました。詳しくは、禁煙外来をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。