ページの本文へ

Hitachi

指静脈認証ソリューション

指静脈-Novell Access Manager連携システム

安心・安全・便利な業務システム利用環境を実現

お客様の課題

  • 企業内に散在する業務システムを利用する際に必要となるIDとパスワードは、
    −利用者にとって管理が大変。また、利用者がパスワードを忘れた場合は、管理者がパスワードリセットを行う必要あり。(管理者の工数削減も課題)
    −業務効率の低下、IDやパスワードの漏えい事故を引き起こす原因となる
  • 利便性を向上するシングルサインオンシステムを導入したいが、なりすましによる不正アクセスが心配なので認証を強化したい

解決策としての機能

  • 業務効率の向上
    • 企業内に散在するシステム毎に必要なIDとパスワード入力を、一度の認証操作のみで実現するシングルサインオンシステムを提供します。
    • 指静脈認証との連携により、IDやパスワード入力を装置に指を置くだけの簡単操作に代替し、スピーディーに認証が可能です。
  • 高いセキュリティ
    • 指静脈認証による確実な本人認証により、なりすましによる不正アクセスのリスクに対するセキュリティレベルを向上します。

イメージ:指静脈-Novell Access Manager連携システム

指静脈ー Novell Access Manager連携システムの適用例

Novell Access Managerの認証強化手段として指静脈認証を適用した例です。 通常業務はID/パスワード認証、高いセキュリティが求められる業務のみ指静脈認証を適用と、業務のセキュリティレベルに合わせて認証方式を選択することも可能です。

イメージ:指静脈ー Novell Access Manager連携システムの適用例

指静脈ー Novell Access Manager連携システムの認証レベル設定

Novell Access Managerではページごとに認証方式を設定することが可能です。 認証レベルを設定した場合、高位(WEBページA)の認証後は、下位(WEB ページB)の認証は不要です。

イメージ:指静脈ー Novell Access Manager連携システムの認証レベル設定