本文へジャンプ

指静脈認証ソリューション

Hitachi

写真:日立指静脈認証装置

組織の内部統制や情報漏えい対策への対応が迫られる現代だからこそシステムへの「不正アクセス」や「なりすまし」を防止するために利用者の本人認証の重要性が高まっています。
ATM等で実績のある日立の指静脈認証技術で簡単・安心・スピーディーな認証システム環境を実現します。

製品ラインナップ

日立指静脈認証装置 H-1 (卓上向け、共有利用)

写真:日立指静脈認証装置 H-1

共用PC、出退勤管理、入退管理等 複数ユーザーの共用機器への適用による、主に高信頼性が 求められるグループ管理の本人認証手段です。

  • サーバ認証で複数ユーザーを管理
  • グループの管理責任者が存在
  • 個人IDの入力は省略も可能 (1:N認証*)
*
ID入力なしで生体認証のみで本人確認を行う認証方式

日立指静脈認証装置S-1 (モバイル向け、専有利用)

写真:日立指静脈認証装置 S-1

モバイルPC、シンクライアントやタブレット端末等パーソナル機器への適用による、主に専有利用の本人認証手段です。

  • 装置内認証
  • ユーザーによる自己管理
  • 個人IDの入力が必要 (1:1認証)

指静脈認証管理システム

イメージ:指静脈管理システム

ユーザーのアカウント情報や生体情報などをサーバ上で一元管理するためのソフトウェアです。大規模サイトの可用性の向上や、運用負荷の軽減にお応えします。

  • 複数の認証デバイスに対応(指静脈、ICカード)
  • 認証情報やログの一元管理
  • 他システムと連携するためのAPIを提供

指静脈認証ログオンパック

指静脈認証装置を使ってログオンする様子

指静脈認証に必要なアプリケーションをPCサーバにあらかじめインストールして主な設定作業を済ませ、PCサーバと指静脈認証装置を組み合わせて(アプライアンス化)提供します。

認証サーバを利用したシステムイメージ

図:指静脈認証のシステム概要
日立指静脈認証装置 H-1の場合

お問い合わせ

指静脈認証ソリューションお問い合わせページへ

指静脈認証ソリューションのお問い合わせ、カタログ請求、ダウンロードを受け付けております。