ページの本文へ

ひたちなか総合病院

Hitachi

主とする対応疾患

 外科の診療内容は消化器(食道から肛門まで)悪性疾患をはじめ急性虫垂炎から消化管穿孔・絞扼性イレウスなど緊急手術を必要とする疾患まで広範囲の疾患に対応いたします。また、呼吸器外科、乳腺外科、化学療法と多岐に渡っています。
筑波大学附属病院ひたちなか社会連携教育研究センターの寺島秀夫教授の協力、指導のもと、合同で診療を行っております。

食道癌、胃癌、大腸癌、その他消化管癌および悪性腫瘍
肝癌、胆嚢癌、胆管癌、膵癌、その他肝胆膵疾患
肺癌、乳癌
良性疾患(胆石、総胆管結石、鼠径部ヘルニア、急性虫垂炎など)
その他消化管穿孔など腹部緊急疾患

科の特徴

手術件数は年間700件を超し鼠径部ヘルニアや胆石、虫垂炎といった一般良性疾患から主要がんである胃癌、大腸癌、肺癌、乳癌を早期癌から進行癌にわたって診療しております。その他、食道癌、肝臓癌、膵癌、胆嚢・胆管癌など手術難易度の高い疾患も診療しております。手術だけでなく、抗癌剤、放射線療法を組み合わせた集学的治療を各科と連携し施行しております。
一方、手術の特徴として当院では腹腔鏡手術が、全消化管癌手術の半数を占め、手術の根治性を落とさずに患者さんの負担の小さい高度医療を行うことで、遠方の高度医療機関へ赴かなくてもトップクラスの医療を提供できるよう心掛けております。

手術件数は徐々に増加しており年700件を越えた。
大腸癌など消化管癌や乳癌が増加している。

腹腔鏡手術は、傷の小ささから美容性に優れ、術後の痛みを軽減できる。さらに好感度カメラによる拡大視効果により従来の開腹手術に劣らない精度の高い郭清が可能である。

胃がん58 件 中腹腔鏡23 件(約40%) 大腸癌102 例 中腹腔鏡57 例(約56%)

スタッフ紹介

  • 神賀 正博(副院長)
    日本外科学会専門医・認定医・指導医
    日本消化器病学会専門医・認定医 など
  • 丸森 健司(外科主任医長)
    日本外科学会専門医・認定医・指導医
    日本消化器外科学会専門医・認定医・指導医
    日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
    日本消化器内視鏡学会専門医・指導医 など
  • 間瀬 憲多朗(外科主任医長)
    日本外科学会専門医・認定医
    日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医 など
  • 今村 史人(外科主任医長)
    日本外科学会専門医・認定医・指導医
    日本消化器外科学会専門医・指導医
    日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
    日本呼吸器外科学会専門医
    日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
    日本消化器病学会専門医
    日本消化器内視鏡学会専門医 など
  • 保 清和(外科主任医長)
  • 真船 太一(外科医長)
  • 角 勇作(外科医長)
  • 徳村 和彦