ページの本文へ

ひたちなか総合病院

Hitachi

当院はひたちなか市、那珂市、東海村を中心とした地域の基幹病院であり、小児科も感染症を中心とした様々な一般小児診療をはじめ、専門性を必要とする疾患にも対応でき、地域小児科センターとして近隣医療機関からのご紹介にも対応して外来、入院診療にあたっております。

対応する疾患・特徴

  • 感染症は肺炎、細気管支炎、クループなどの呼吸器感染症を中心に、胃腸炎や虫垂炎、尿路感染症等が多く、検査科、放射線科と連携して迅速な診断・治療に努めており、必要に応じて院内皮膚科、耳鼻科、眼科、整形外科、外科と協力して診療しています。
  • 気管支喘息は多数のお子さんが受診され、ステロイド吸入療法等ガイドラインに沿ってきめ細かく治療しており入院数も近年激減しております。
  • 腎疾患ではネフローゼ症候群、急性腎炎、慢性腎炎を多く扱っており、腎生検も実施し組織所見に基づいた治療を行っております。尿路感染症の基礎疾患として、膀胱尿管逆流症、水腎症等の診断、管理も行います。
  • けいれん重積、意識障害等には神経精神発達小児科と協力し、緊急の脳波、画像診断を駆使し迅速に診断、治療を行っております。
  • アレルギー食物負荷試験を実施しており、正確な診断と安全に食べられることを目標にしています.現在は卵、牛乳、小麦(うどん)について行っておりますが、今後拡充する予定です。
  • 予防接種、乳幼児健診は一般外来と分けて午後に予約制で行っています。
  • 専門外来を開設しており、小児内分泌、小児循環器の専門医が診察致します。
  • 心疾患、血液疾患、外科的疾患は茨城県立こども病院等と連携して対応しています。
  • 日本小児科学会の専門医研修施設に認定されております。

診療体制

  • 午前中は一般診療を行っており、紹介状や予約なしでも受付しておりますが、可能な限りかかりつけ医からの紹介状をいただければ、よりスムーズに綿密に診療できます。
  • 午後は各専門外来を行っており一般診療は行っておりません。近隣の医療機関をご利用いただくか、当院の診察を希望される場合は電話にてお問い合わせ下さい。
  • 夜間、休日の救急医療については24時間の小児科対応は困難であり、下記をご利用下さい。
      ひたちなか市休日夜間診療所(029-274-3240)
      ひたちなか総合病院小児救急外来 火、水、金曜日の19:00〜21:30(029-354-5111)
      水戸市休日夜間緊急診療所(029-243-8825)
          休日 9:00〜12:00 13:00〜15:30 19:30〜22:30
          平日 19:30〜22:30
      小児救急電話相談 #8000
      茨城県救急医療情報コントロールセンター(029-241-4199)

スタッフ紹介

村長 靖
日本小児科学会専門医

小宅 奈津子
日本小児科学会専門医、指導医

三村 尚
日本小児科学会専門医