ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

STEP0
課題発見
解決案創生
価値検証

デジタル×デザインで、
ともに未来にワクワクを

NEXPERIENCE(ネクスぺリエンス)は、パートナーとの協創を通じて新しいビジネスやサービスをつくり上げていくための協創方法論です。日立のデザイナーと研究者が培ってきたノウハウを、「手法」「ツール」「空間」として体系化しました。これまでグローバルで数百件の案件に適用し成果を出しています。NEXPERIENCEは実践から学びと新しい研究により改良を重ね、現在も進化を続けています。
SCENE

NEXPERIENCEの
活用シーン

DXを進めていきたいけれど、
具体的に
何から手をつけたらいいのか
わからない。

まずは、お客さまのめざすゴールを明確化。
その上で、お客さまとともにアイデアや
ビジネスモデルを創出します。

将来の潮流と、起こるかもしれないオルタナティブな未来を考えながら、お客さまのありたい姿を引き出します。そして、ありたい姿を実現するためのアイデアと、ビジネスモデルを創出します。

新しい事業を起こしたいが、
自社にとって
有望な事業の種がどこに
あるのか悩んでいる。

テクノロジーや人々の価値観の変化を
捉えながら、お客さまの強みを活かした
ビジネスモデルを創出します。

お客さまの強みを確認し、テクノロジーや人々の価値観の変化を捉えながら、ともに事業アイデアを創出します。そして、持続可能なビジネスとしていくために事業構造をデザインし、その価値を評価します。

INNOVATION

日立がめざす
社会イノベーション

日立は、世界中のお客さまとともに、
さまざまな社会課題を解決し、
希望あふれる豊かな社会をめざします。

SDGsに代表されるように、未来の社会に向けては解決すべき大きな課題があります。
人類がもたらした地球温暖化による異常気象、ごみによる環境汚染、水などの資源不足、都市化に伴う渋滞や混雑、社会インフラの老朽化、先進国での少子高齢化、伝染病など、私たちはいま、多種多様な問題に直面しています。

私たちは、誰もが快適に、安心して、健やかに暮らせる社会に向けて、社会が直面するさまざまな課題を解決し、世界中の人々が望むことを、多様なパートナーと実現していく「社会イノベーション」の創生に取り組んでいます。

NEXPERIENCEは、Lumadaをえる多彩なサービスのひとつです。
Lumadaは、お客さまのデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、
日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション/サービス/テクノロジーの総称です。
  • ページの先頭へ