ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

Where the future beginsVision & Technology

日立の研究開発は、
探求心と行動力で世界中の協創をリードし、
人々の生活、社会の未来をよりよいものに変えていく
イノベーションを創生します。

グローバルな価値創生を加速する研究開発戦略

日立の研究開発は、100年を超える歴史の中で、「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という企業理念を実践し、その時々の最先端技術開発に取り組みながら、未来につながるイノベーションを創出してきました。2021中期経営計画においてはSDGs、Society 5.0を牽引する『グローバル・イノベーション・リーダー』をめざし、お客さまの社会・環境・経済価値の向上に貢献すべく、日立グループ全体では3カ年で1.2兆円規模の研究開発費を投じ、イノベーション創生に向けたエコシステムの構築や、Lumada事業拡大に向けたコア技術の強化に取り組みます。

日立の研究開発の強みは、日立の5つのセクターや日立グループが持つ OT × IT × プロダクトの技術基盤やノウハウを一元的に保有し、協創から開発、蓄積までの価値創生サイクルを確立していることです。お客さまへの価値を提供するソリュー ションを具現化するとともに、価値創生サイクルを通じて研究開発効率も継続的に改善しています。

研究開発リソース

  • 研究開発費*
    3,231億円 (対売上比3.6%)
  • 研究者数
    2,700

IFRS(International Financial Reporting Standards)に基づく。

2019年3月現在

表彰・論文