ページの本文へ

Hitachi

材料開発ソリューション

材料開発ソリューション

持続可能な社会の実現のために、優れた新材料の開発が不可欠です。
革新的な材料の創出をめざし、一緒に世界を変えませんか?

より良い社会の実現のために、お客さまの材料開発をご支援いたします。
  日立ではAI・データをキーワードに、材料研究者様の研究成果を最大化することをめざしています。
例えば,以下の実現に向け、材料開発ソリューションは日々アップデートしています。

研究開発の高度化

  • 研究者の知見に加え,データ駆動型の研究手法も取り入れたい。
  • 研究方針の意思決定をデータに基づいて行いたい。

レジリエントな研究戦略の策定

  • 社会情勢の変化に即した研究テーマの立案をしつづけたい。
  • 研究開発資源(ヒト・モノ・カネ)の投資を最適化したい。

ニューノーマルな働き方の実現

  • 会社に行く頻度を減らしつつ材料開発を進めたい。
  • 分析結果を共有することでチームで連携しながら研究を進めたい。

日立の材料開発ソリューションでは,
マテリアルズ・インフォマティクス(MI)を基軸とした
3つのサービスをご提供しています。

分析支援サービス

お客さまのデータの分析を日立のデータ分析の専門家が代行し、分析結果をレポートします。

詳細はこちら

 
 

分析環境提供サービス

材料データの分析環境をクラウドで提供します。日立独自のAIツール群をWebブラウザ―上で直感的に操作可能です。

詳細はこちら

DX支援サービス

さまざまなお客さまとの協創の取り組みで得たノウハウを活用し、貴社のDX化推進のためのプラットフォームの全体像を具体化します。

詳細はこちら

 

材料開発ソリューションの取り組み紹介記事

[リンク]AIやシミュレーション技術を活用したマテリアルズ・インフォマティクス(MI)について

AIやシミュレーション技術を活用したマテリアルズ・インフォマティクス(MI)について

「材料開発ソリューション」に関わる日立のAI研究者の取り組みについて、ご紹介しています。

2022年01月28日 Qiita掲載

[リンク]コロナ禍で始まった企業変革の潮流

コロナ禍で始まった企業変革の潮流
〜不確実な世界で勝ち残る、DXへの処方箋〜 後編

日立のノウハウと手法が生かされたDX協創事例として、帝人と日立によるマテリアルズ・インフォマティクスの協創をご紹介しています。

2021年12月 日経 xTECH Special掲載

[リンク]後編:事例と経験で見えてきた「社会インフラDX」を前に進める「絶対条件」と「成功のポイント」

後編:事例と経験で見えてきた「社会インフラDX」を前に進める「絶対条件」と「成功のポイント」

日立のDX事例として、さまざまお客さまとの協創により新たな価値を創出した「材料開発ソリューション」についてご紹介しています。

2021年10月 日経ビジネス電子版 SPECIAL掲載