ページの本文へ

Hitachi

Lumada

材料開発ソリューション

データ分析に基づく材料開発を支援

  • 業種:製造業
  • 目的:CRM・BI・データ統合分析,AI

近年、国際的にも新材料の開発競争は激化し、より短時間・低コストでの材料開発が必須となってきています。
材料開発分野では、材料データの分析により材料開発の指針を見出すマテリアルズ・インフォマティクス(MI)による、効率的な材料開発が進展しています。日立はMIを駆使した材料開発ソリューションをご提供し、素材メーカの材料開発を支援します。

特長1

材料データ分析環境提供サービス

膨大なシミュレーションデータや実験データを高速に分析し、材料特性を3次元表示やグラフ化する材料データ分析環境をクラウドで提供します。
材料データは膨大な件数・容量となりますが、材料データ分析環境では高速に分析が可能です。材料データ分析環境によって、材料特性の変化を容易に把握でき、材料特性や知見を効率的に見出すことが可能となります。また、Webブラウザーから簡単にデータを確認できるため、分析者間の円滑な情報共有が可能です。
従来は、時間短縮のために平均値などの大まかな統計量を利用した分析が一般的でしたが、日立の最新技術を駆使し、材料データの高速処理が可能なデータベースや、「GeoMation 地理情報システム」「材料特性予測AI」などによって高速な材料データの分析を実現します。

特長2

材料データ分析支援サービス

日立が各種材料データをお預かりし、機械学習や人工知能などを活用してデータ分析を代行し、分析結果をレポートします。
対象材料を問わず、形や構造がある程度決まっている無機材料だけでなく、組み合わせの自由度が高い有機材料の分析も可能です。お預かりしたシミュレーションデータや実験データ、他種データも用いて、多角的に材料特性を推測します。また、期待する材料特性を実現するための条件を探査し、今後の実験候補を提示することも可能です。
AIの活用により、従来の研究内容から視点を変えた分析を提供できることから、効果的な実験計画を立案・実行することができます。

特長3

材料データ分析アプリカスタマイズ

材料データ分析環境を研究内容やデータ様式に合わせてカスタマイズが可能です。研究内容に最適なシステム環境を提供します。

特長4

材料データ分析運用サポートサービス

材料データ分析環境の活用方法の問い合わせなど、システム利用をサポートします。

お問い合わせ

本ソリューションについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ソリューションのタイトルをご記入ください。

本ソリューションを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。