ページの本文へ

指静脈認証ソリューション

Hitachi

指静脈認証ユニットを搭載した 医療用搬送カートのセキュリティ強化を実現

[写真]サカセ化学工業株式会社 企画・開発本部 本部長 兼 東日本販売部 部長 兼 東京支店 支店長 望月 隆男 氏

[写真]サカセ化学工業株式会社 販売本部 東日本販売部 東京支店 販売1係 係長 小林 裕史 氏

[写真]サカセ化学工業株式会社 販売本部 東日本販売部 東京支店 販売2係 兼 開発部 マーケティング 小池 栄太郎 氏

医療機関で扱う薬品には麻薬や向精神薬などが含まれるため、搬送用カートには鍵を付けることを推奨されています。 しかしこれまで、その鍵管理の煩雑さや紛失・盗難などのリスクが大きな課題となっていました。
そこで福井市に本社を持つサカセ化学工業株式会社(以下、サカセ化学工業)は、 日立と共同で指静脈認証ユニットを搭載した医療用搬送カートを開発しました。 応急処置などの緊急時にも、指1本でセキュアにロックを解除でき、使用履歴も保存されることで、 管理作業の大幅な軽減と高いセキュリティを両立させることに成功しました。


導入された製品、ソリューション
機器組込み用小型指静脈認証ユニット PCT-KCC9011

医療用搬送カート業界の最大手

1962(昭和37)年に創業したサカセ化学工業は、20数年前から 独自のプラスチック加工技術を活用した医療用のキャビネットや 搬送カートを全国の病院に供給する事業をスタート。それまで重 いスチール製がメインだった病院内の収納機器を、一気に軽量 で薬品腐食にも強いプラスチック製へと転換させた国内シェアナ ンバーワンの企業です。

その多彩な製品群の中でも、医療現場で求められる安全性と 機能性をあわせ持つ搬送カートは医療関係者から高い評価を獲 得しており、独創的なデザインとカラーは数々のグッドデザイン賞に も輝いています。

 「現場のニーズや、お客さまの悩みを的確に分析し、医療現場 に常に最適なシステムを提供していくことが当社の大きな使命で す。その過程で私たちが長年取り組んできたのが、搬送カートの セキュリティをいかに利便性を損なわずに高めていくかという課題 でした」と語るのは、企画・開発本部 本部長で、東日本販売部 部 長、東京支店 支店長を兼任する望月 隆男氏です。現在、医療 機関で扱われる薬品には、一般的な注射薬などのほか、麻薬や 向精神薬など厳重な管理が求められるものが含まれているため、 それらを保管するキャビネットや搬送カートには鍵を付けることが 推奨されています。

 「当社の医療用キャビネットや搬送カートにも、すべてシリンダー 鍵が取り付けてありますが、その数や種類が増えていくと管理者 負担が大きくなり、応急処置などの際に鍵を持ち出す手間や、鍵 を持っている人を探し回るといった事態が起こります。そこで数年 前、薬品一次保管庫に個人認証と利便性を両立させる仕組みと してRFID*1を使ったカードキー・システムを考案しました。しかし RFIDで個人認証や使用履歴の管理を実現するには院内スタッ フ全員にカードを持っていただく必要があります。その初期導入コ ストや運用コストが大きいため、多くの医療機関への普及には至 らなかったという経緯があります」と望月氏は続けます。

*1
Radio Frequency Identification:ID情報を埋め込んだICタグ

電子ロックの制御に指静脈認証を適用

[写真]指静脈認証ユニットを搭載した救急カート
指静脈認証ユニットを搭載した救急カート

新たな個人認証の手段を模索していた同社に、生体認証のデ ファクトとなった指静脈認証システムを提案したのが日立でした。

「ある展示会で当社ブースに、日立ハイテクトレーディング*2の 営業さんが指静脈認証の資料を持って訪ねてきてくださいました。 高度な個人認証と履歴管理が行えるユニットを限られたスペース に組み込めることを聞き、“探していたのはこれだ”と飛びつきまし た」と望月氏は振り返ります。

日立が開発した指静脈認証は、生体内部の情報を利用するた め、偽造のリスクが少ないことや、肌あれ、水ぬれなどの指表面の 影響を受けにくく、高精度の個人認証をスピーディに実行できるの が特長です。装置も小型なため、銀行ATMや入退室管理、PC セキュリティなど幅広い分野で数多くの導入実績を誇っています。

サカセ化学工業と日立は、医療用搬送カートのシリンダー錠を 電子ロックに置き換え、その制御に指静脈認証を適用するための 共同開発をスタート。両社の技術者の手によって、わずか数か月 後には業界初*3となる指静脈認証ユニット搭載の医療用搬送 カートが完成したのです。

*2
採用された小型指静脈認証装置(PCT-KCC9011)は、株式会社日立ハイテクトレーディングで、販売 されたものです。
*3
2010年10月現在

指1本で緊急時にもスピーディに解錠

 「試した瞬間、これはお客さまに喜ばれると確信しました」と語る のは、販売本部 東日本販売部 東京支店 販売1係 係長の小林 裕史氏です。「指を置くだけの簡単操作で、1秒程度もかからずに ロックが解除できます。特に、患者さんが倒れた際の蘇生などに 使われる劇薬や医療器具が入った救急カートは、強固なセキュリ ティが求められる一方、緊急時にすぐ使えなければ人命にかかわ ります。登録者なら鍵を探す手間もなく、指1本で空けられるこの 仕組みは、医療現場でも大きな威力を発揮すると実感しました」と、 小林氏は続けます。

救急・注射薬・与薬の3種類の搬送カートに搭載された指静脈 認証ユニットは、カート1台につき75人の指静脈情報が登録できま す。カートを使用する薬品をカートに供給する薬剤師や搬送スタッ フ、看護師やドクターなどが登録することで、第三者のなりすましを 防ぎながら、鍵を持つことなくセキュアかつ迅速に薬品を取り出す ことが可能となります。

 また従来型の鍵は、いくら気をつけても紛失のリスクをゼロにす ることはできません。「一度紛失してしまうと最悪のケースを考えて、 同じ鍵で解錠できる院内の製品すべてのシリンダー鍵を交換しな ければなりません。そのコストが非常に高くついていたのです」と 小林氏は語ります。これに対し指静脈認証は「なくす・忘れる・盗 まれる」の心配がない点も、病院にとって大きなコスト削減策になっ ていくと期待されています。

「ユニット内のコントローラには、誰がいつカートを開けたかの利 用履歴も蓄積できます。これにより、不正な持ち出しなどの抑制効 果が期待できるほか、カートの閉め忘れといった管理不備も把握 できます」と説明するのは、東日本販売部 東京支店 販売2係 兼 開発部 マーケティングの小池 栄太郎氏です。展示会などでカー トを試した医療関係者からは一様に高い評価が寄せられている とのことで、「登録についても、USBケーブルでPCを接続して簡単 に行えることを説明すると、非常に感心されます。複数カートの利 用履歴をPCで一元管理できるソフトウェアをオプション提供する ほか、一度登録された指静脈情報を他のカートでも利用できるソ フトウェアも開発中です」と小池氏は今後の抱負を語ります。

乾電池駆動で搬送カートの独立性を維持

さらに特長的なのが、指静脈認証ユニットが普通の乾電池で 駆動する点です。

[写真]注射薬カートおよび救急カート
注射薬カートおよび救急カート

「搬送カートは院内を自由に行き来するためのツールなので、コ ンセントにつないだ利用や専用バッテリーの充電などは、利便性を 損なうだけでなく、管理者の方々にも余計な負担をかけてしまいま す。そこで日立さんの協力を得ながら、どこでも入手しやすい乾電 池による駆動と、認証後は自動的にパワーセーブに入る省電力設 計を実現しました」と、望月氏は現場ニーズを熟知している同社な らではのこわだりを披露します。

また、コンパクトな筐体に収められた指静脈認証ユニットは、限 られたスペースしかない搬送カートの上部にも無理なく実装できる ため、グッドデザイン賞を受賞した同社のカートデザインを損うこと なく提供できるメリットもあります。

今後、サカセ化学工業では指静脈認証ユニットを搭載し救急・ 注射薬・与薬の3種類の搬送カートを全国の医療機関へ拡販し ながら、高いセキュリティが求められている医薬品用キャビネットや、 麻薬・向精神薬保管庫などにも指静脈認証の適用を広げていく 計画を進めています。

「医療現場の皆さんは、日々患者さんの苦しみを和らげる医療 サービスを提供するために働いています。本来の業務ではない 鍵の管理や探す手間といった余計なプレッシャーを与えない新製 品は、より高度な医療活動に専念していただけるという大きな付 加価値を持っているのです」と望月氏はにこやかに語ります。

業界初となる医療用搬送カートへの指静脈認証の適用が、同 社のさらなるシェア拡大と信頼性の向上に大きく寄与することは 間違いありません。今 後も日立は、お客さま満 足の追求に向けたサカセ化学工業の取り組 みを、指静脈認証を核 とした幅広い製品群とサービスで積極的にサ ポートしていきます。

[お客さまプロフィール] サカセ化学工業株式会社

サカセ化学工業株式会社のホームページへ

[本社] 福井県福井市下森田町3-5
[設立] 1962年1月17日
[資本金] 9,600万円
[従業員数] 160名(2010年10月1日現在)
[事業内容] 医療用キャビネット・カート、医療用具の企画・開発・設計・製造・販売、 各種プラスチック、ゴム、木、スチール、ステンレス、アルミ製品の企画・開発・設計・製造・販売

お問い合わせ

指静脈認証ソリューションお問い合わせページへ

指静脈認証ソリューションのお問い合わせ、カタログ請求、ダウンロードを受け付けております。

特記事項

  • 2010年11月17日掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、全てのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。