ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立健康管理センタ

内臓脂肪CT検診

《どうして脂肪蓄積=肥満が問題なのでしょうか?》
それは”命にかかわる病気になりやすい”の一言に尽きます。
最近の研究で、病気にかかりやすい肥満と、なりにくい肥満があり、内臓脂肪(腹腔内脂肪)
が多く蓄積する肥満の方が、糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など
の重大な病気にかかりやすいことがはっきりしてきました。
なんと、内臓脂肪細胞が増大することで内分泌調整作用が失調し、動脈硬化を促進させたり、
インスリンの働きを低下させることがわかったのです。

検査方法

胸部CT検診同様に仰向けになっていただき、おへその部位の撮影を行います。
撮影時間は1秒です。

結果

受診当日、結果報告書を面接時にお渡しします。

ご参考まで

同じ腹囲(86cm)なんですが・・・CTでお腹を割ってみるとはっきりわかります。

ご注意

ペースメーカー、植え込み型除細動器(ICD)など装着の方、体重135kg以上の方は
受診できません。 

検査料金

3,300円(消費税込み)