ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

医療安全・感染管理
担当部門名称 医療安全・品質センタ
組織体制 院内感染対策を含めた医療安全対策のための体制を確立し機能させるために、副院長をセンタ長とする「医療安全・品質センタ」を設置し、専従の医療安全管理者(看護師)と感染管理認定看護師を配置し、兼務の医薬品安全管理責任者、医療機器安全管理責任者、専任薬剤師、専任臨床検査技師等と連携・情報共有を図るとともに、医療事故防止対策委員会や感染対策委員会等の各種委員会組織と有機的に連携する体制を構築しています。
医療安全
管理部門
【部門構成員】
センタ長(医師:兼務)
副センタ長(医師:兼務、医療安全・感染管理者)
副センタ長(事務:兼務、品質管理担当)
医療安全管理者(看護師:専従)
事務担当者(専従)
医薬品安全管理責任者(薬剤師:兼務)
医療機器安全管理責任者(ME機器担当;臨床工学技士:兼務)
医療機器安全管理責任者(副)(放射線設備担当;診療放射線技師:兼務)
医療機器安全管理責任者(副)(検査機器担当;診療検査技師:兼務)
【主な活動】
・ヒヤリハット・トラブル報告の収集・分析とその結果に基づく共通的な改善施策の立案・指導
・医療安全に関する共通的な規準・マニュアル類の整備と見直し
・職員への教育・研修及び、広報
・公益財団法人日本医療機能評価機構の医療情報事故情報収集事業に参加
感染管理
部門
【部門構成員】
感染管理者(医師:兼務)
感染管理認定看護師(専従)
専任薬剤師(兼務)
専任臨床検査技師(兼務)
【主な活動】
・院内感染サーベイランスの実施
・院内感染対策の共通的な規準・マニュアル類の整備と見直し
・職員への教育・研修及び、広報
主な院内
連携組織
医療事故防止対策委員会、リスクマネージメント部会、呼吸療法サポートチーム(RST)
医療安全カンファレンス、看護リスクマネージメント分科会、
感染対策委員会、感染対策チーム(ICT)、看護局感染対策分科会