ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

平成28年度 株式会社日立製作所 日立総合病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 639 238 153 242 569 1010 2290 3173 1868 338
当院は32科(標榜科)、503床の許可病床(2017年10月1日より許可病床651床)を有して入院診療を行っております。茨城県北地域において急性期医療を担当し、高度専門医療の充実を図っております。
60歳以上の患者さんが全体の約73%と多く、0歳から10歳までの小児の患者さんも約8%と多いです。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 101 13.12 11.06 4.95 77.25
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 77 9.40 11.74 2.60 74.09
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 66 8.30 9.02 3.03 72.09
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 11.07 10.93 6.67 71.80 なし
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 37 7.27 7.89 0.00 61.27 なし
総胆管結石や胆管炎、高齢者の急性閉塞性化膿性胆管炎には、緊急内視鏡治療を行っています。高齢者が多いため低侵襲内視鏡治療を心がけています。肝細胞癌は、RFA(経皮的ラジオ波焼灼療法)とTACE(肝動脈化学塞栓療法)において、外来から開始するクリニカルパスを用いています。外来で抗凝固薬・抗血小板薬服用の有無や合併症に関する注意点がチェックされてから入院することで、治療に関連する合併症が少なく平均在院期間が短くなっています。C型肝炎では、肝がん治療後に再発がなければ積極的に抗ウイルス治療を行っています。
早期胃癌は、毎週行っている内視鏡カンファレンスにおいて、内視鏡治療の適応となるかどうかをカンファレンスで話し合い適応を決定するとともに、内視鏡治療方略を立案して治療を開始することを心がけています。そのため、大出血や穿孔による緊急手術がほとんどありません。抗凝固薬・抗血小板薬服用を背景とする止血に難渋する憩室出血が増加してきました。薬剤を出来るだけ中止しない止血を心がけています。
予定入院、緊急入院ともに抗凝固薬・抗血小板薬を服用されている場合が多くヘパリン置換を行う症例が増えています。そのため合併症なく治療しても入院期間が長くなる傾向が出てきております。

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 138 6.22 12.35 1.45 68.35
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 103 2.43 3.68 0.00 70.87
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 63 26.54 19.92 3.17 71.25 なし
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 13.24 14.83 17.39 68.91 なし
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等29あり 22 7.00 10.76 0.00 65.55 なし
040040xx9904xx:肺癌の化学療法目的の入院が主体です。化学療法の大部分は外来に移行しつつあり、抗癌剤の連日投与や大量の補液を要する治療を行なう場合、あるいは初回導入例に入院管理下で治療を行っています。大部分の検査を外来で行うことにより、短い在院日数で病床の有効利用を行っています。
040040xx99100x:肺癌の診断目的でクリニカルパスのもと一泊二日の入院管理下で気管支鏡検査を行っています。仮想内視鏡画像の活用、超音波内視鏡(EBUS-TBNA)の積極的実施により診断率を高めています。
040110xxxxx0xx:肺癌と同様に、難治性呼吸器疾患の一つである間質性肺炎の診療が当院に集約されている。茨城県最北の呼吸器疾患診療拠点として機能していることを反映しています。

血液・腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 62 36.37 41.96 1.61 58.26 なし
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 53 15.34 16.83 1.89 67.87 なし
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 34 12.32 21.92 0.00 72.24 なし
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 31 9.35 10.82 0.00 68.52 なし
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等25あり 28 19.64 25.11 0.00 69.39 なし
当院では悪性リンパ腫、急性白血病、多発性骨髄腫(骨髄異形成症候群)の血液3大悪性疾患が上位を占めており、茨城県内有数の血液疾患診療拠点です。造血幹細胞移植などの実績も多く、放射線療法など総合的治療が可能です。PET検査や細胞表面形質分析器など最新の診断機器も完備しています。

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 219 2.68 3.06 0.91 67.92
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 157 2.94 4.71 0.00 69.19
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 91 16.65 17.95 14.29 77.25
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 88 9.55 13.02 4.55 68.24
050130xx9901xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 78 17.08 19.86 10.26 78.77
当科は、狭心症や心筋梗塞等の虚血性心疾患(47%)、心不全(26%)、および不整脈(13%)を中心とした診療を行っております。
茨城県は、心筋梗塞をはじめとした心疾患による死亡率が全国平均と比較して高く、取分け県北地域はその傾向が顕著であることが報告されました。
虚血性心疾患の診断は、外来にて心臓CT検査等の患者さんの負担が少ない方法で効率的に行い、診断の確定は入院の上で心臓カテーテル検査により行っております。
狭心症・心筋梗塞と診断された場合は、最新のガイドラインにのっとり個々の併発疾患や重症度、年齢に応じた最適な治療方法を決定いたします。
心臓カテーテル検査および狭心症に対するカテーテル治療は原則として手首の橈骨動脈を用いて行うことにより、入院期間は2から3日と短期間で行うことができております。また茨城県北地域も高齢化に伴い心不全を発症され当科に緊急入院される患者さんが数多くみられます。
当科は冠疾患集中治療室(CCU)を備えており、重症心不全の場合は人工呼吸器やIABP、PCPS等の補助循環装置を用いた高度心不全治療を行うことが可能となっております。また心不全の原疾患として外科的治療を要する場合には、心臓血管外科にて根本治療を行っております。
不整脈治療については、薬物治療、ペースメーカー治療に加えて2016年より不整脈の根治治療としてカテーテル心筋焼灼術を始めました。

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 13.53 12.84 0.00 62.45 なし
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 33 31.39 37.06 3.03 66.09
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 9.93 8.87 0.00 68.47
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 4.56 17.97 0.00 70.06
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 14 29.57 22.67 0.00 68.36 なし
当科では、慢性腎臓病に関する疾患(ネフローゼ症候群、慢性腎炎、糖尿病性腎症、高血圧性腎症、慢性腎不全)の各病期に対する診断、治療を行っており、教育入院を含めて症例数が多くなっております。
また、末期腎不全に対しては血液透析施行の準備段階の内シャント造設術施行例が多くなっております。

神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 60 21.47 16.54 18.33 73.03 なし
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 31 28.61 18.76 29.03 77.68 なし
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 30 21.13 16.73 20.00 71.90 なし
010060x2990211 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 24.82 19.40 18.18 78.82 なし
010060x3990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10以上) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 35.82 25.36 72.73 80.91 なし
当院は、茨城県北地区の救急病院であるため、最も多い入院は、急性期の脳梗塞です。超急性期の血栓溶解療法には随時対応し、軽症であっても重症化し後遺症を残存しうる疾患ですので、十分な検索、予防・指導を行い、神経症状や日常生活動作障害に対しては、多職種によるチーム医療を行っています。その他神経難病や神経免疫疾患などの診療も担当しています。

心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 30 14.83 12.74 6.67 73.93
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 24 21.33 18.27 20.83 74.79
050080xx0100xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 22 27.73 20.93 9.09 70.59
050163xx02x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2なし 20 16.25 17.74 5.00 72.35
050161xx01x0xx 解離性大動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 15 17.53 16.53 0.00 59.00
当科は茨城県の県北で唯一、成人の心臓血管外科手術全般を担っています。主な対象疾患は、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患・心臓弁膜症・大動脈瘤や大動脈解離などの大動脈疾患・下肢の動脈硬化症や血栓塞栓症などの末梢動脈疾患です。冠動脈バイパス術や弁膜症手術(弁置換術や弁形成術)・大動脈の人工血管置換術や下肢動脈バイパス手術など治療実績のある従来型術式はもちろん、カテーテルを用いた低侵襲手術である大動脈瘤のステントグラフト挿入術にも積極的に取り組んでいます。また、緊急手術を必要としないタイプの解離性大動脈瘤に対しては薬物による降圧安静療法を実施しています。
近年の傾向としては症例数トップ5にみられるように大動脈疾患が多数を占めました。当院は最新のハイブリット手術室を利用して、緊急例を含めた大動脈疾患の治療を適正かつ迅速に提供できる体制を整えています。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 74 15.38 15.92 1.35 71.53
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 61 16.52 17.65 0.00 70.90
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 50 7.08 6.82 0.00 65.24
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 7.70 7.61 2.17 62.28
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 35 5.43 5.60 0.00 29.86
当科で対象となる疾患は消化器系(食道、胃、小腸、大腸、肝臓胆道、膵臓)の良性および悪性疾患、成人、5歳以上の小児の各種ヘルニアです。
手術に関しては、開腹手術のみならず、腹腔鏡下の手術の占める割合が増加してきております。結腸癌手術では2016(平成28年)年度は77%となっております。
また、緊急手術については、救命救急センターと連携し、常時対応しております。

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 104 15.24 12.73 0.00 69.77
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 21 3.76 3.68 4.76 73.71
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 11.90 10.09 0.00 33.80
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 18 19.28 12.35 0.00 68.06
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 14.83 - - なし
当科において最も多い入院対象は「肺悪性腫瘍に対する手術治療」を目的とした入院です。肺の悪性腫瘍は、原発性肺癌と転移性肺腫瘍があります。手術の基本は、しこりのある肺葉を切除する「肺葉切除」ですが、しこりの大きさや部位、あるいは呼吸機能によって切除する肺の大きさを変えています。また切開する創の大きさや位置も、治療の確実性と安全性に配慮しお一人お一人検討しています。
2番目は、肺癌を疑う肺腫瘤に対して診断確定ため気管支鏡検査を行う入院です。
3番目は、「気胸に対する手術治療」を目的とした入院です。手術治療においても気胸の再発率は0%にはなりません。再発率を更に低めるために、肺嚢胞切除(肺部分切除)に壁側胸膜?皮術や被覆術を追加しています。術後5日で退院を目標にするクリニカルパスを使用しています。
4番目は原発性肺癌に対する抗がん剤治療を目的とした入院です。抗がん剤治療の目的は、手術後に再発予防を目的として行う補助化学療法と、再発肺癌に対する化学療法があります。がんに対する薬剤治療は日々進歩しており、使用する薬剤(分子標的薬を含めて)についてはキャンサーボード(多診療科カンファランス)で検討しています。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

乳腺・甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 88 4.43 6.59 0.00 56.51
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 43 7.63 11.57 2.33 56.84
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 43 7.70 10.30 2.33 63.07
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 25 6.08 9.27 0.00 57.40
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 15 3.13 4.10 0.00 45.47
当科では、診断、治療(手術、薬物療法、放射線治療)、終末期医療までの診療を行っております。乳がんの病期(ステージ)、性質(サブタイプ)、患者さんの状態に合わせた集学的かつ個別化医療を実践しております。経過の長い病気ですので、退院後の生活の質を重視したケアも行っております。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 175 4.18 7.44 0.57 73.61
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 105 3.30 5.83 0.00 59.46
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 83 10.46 13.39 0.00 67.22
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 49 9.12 11.72 0.00 69.10
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 38 9.71 12.52 0.00 64.42
当科は、周辺に泌尿器科専門の入院施設がないために多くの患者さんが来院します。クリニカルパスを積極的に利用して、在院日数を減らして、患者さんの負担を少なくしています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 81 21.85 27.63 76.54 80.16
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 39 30.28 22.55 17.95 69.82
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 26 5.00 5.49 3.85 59.58
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 19 25.05 24.42 15.79 69.32
070343xx01x2xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等22あり 17 48.06 37.02 17.65 74.94
当科では、脊椎外科(全般)と手の外科の高い専門性を有し、高齢化に伴い増加傾向が見られる大腿骨近位部骨折、橈骨遠位端骨折、骨粗鬆症椎体骨折などの救急外傷や、脊椎/脊髄損傷、四肢の開放骨折や多発外傷などの交通/労災外傷の患者さんを地域病診連携と救命救急センターと協力して、積極的な受け入れと迅速かつ適切な治療を実践する一方で、近隣病院で対応困難な高齢かつ重篤な合併症を有する難治性の脊椎疾患(脊柱管狭窄症、脊柱変形、転移性脊椎腫瘍、化膿性脊椎炎など)の患者さんも受け入れ、手術的加療を中心とした適切な治療を実践し、早期の機能回復、ADLの獲得とQOLの向上を日々目指しています。

形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 14 6.07 5.94 0.00 53.29
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14 5.79 5.80 0.00 37.64
070570xx970xxx 瘢痕拘縮 その他の手術あり 手術・処置等1なし 10 9.00 6.26 0.00 38.80 なし
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術・処置等1なし - - 6.19 - - なし
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 - - 9.91 - - なし
当科では周辺地域からの紹介などで特に大きなものや難しい場所などの軟部腫瘍、皮膚腫瘍や救急の充実により顔面外傷、顔面骨骨折が多いです。またそれに伴い瘢痕拘縮形成術も多くなっています。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 55 26.51 19.35 50.91 72.83 なし
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 12.00 7.52 21.05 48.03 なし
010020x101x1xx くも膜下出血、破裂脳動脈瘤(JCS10以上) 脳動脈瘤流入血管クリッピング(開頭して行うもの)等 手術・処置等2あり 18 63.22 47.72 61.11 61.31 なし
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 33.71 22.05 58.82 73.26 なし
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 15.80 9.87 20.00 72.59 なし
非外傷性頭蓋内血腫の多くは高血圧などが原因となる脳出血です。手術を要しない場合であっても、脳出血によって脳機能が損傷されるため麻痺や言語障害をきたしやすい疾患です。JCS10未満の比較的軽症の方でも、リハビリ等の転院を要する方が51%でした。
頭蓋・頭蓋内損傷とは脳外傷のことです。手術を要しなかった方が19人、手術が必要であった方が15人です。手術を要しない方は軽症の場合が多いので在院日数は手術を要した場合より短くなっています。
くも膜下出血で開頭手術を行った方は18人でした。重症な方では、合併する水頭症の治療が必要となり入院期間が長くなります。
当院は、救命救急センターを有する病院ですので一般的な病院より重症の方が多いので、在院日数や転院率が高くなる傾向があります。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 129 5.51 6.42 0.00 3.15 なし
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 88 5.24 5.79 0.00 5.59 なし
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 70 4.90 6.02 0.00 1.09 なし
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 35 4.31 5.50 2.86 7.20 なし
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 29 8.48 12.43 0.00 5.34 なし
昨年の入院患者総数は708人(救急入院350人)で、例年通り、喘息、肺炎、気管支炎、細気管支炎等の呼吸器感染、胃腸炎などの急性疾患の入院が多くなっています。紹介症例も多く、適切な入院介入により症状改善も速やかで、入院日数も短くなっています。重症例では茨城県立こども病院、筑波大学付属病院との良好な連携により、保護者の安心につながっていると考えています。

新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 5.78 6.18 14.81 0.00 なし
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし - - 11.55 - - なし
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
2010年4月からの産科正常分娩再開に対応して小児科病棟内にも新生児用の個室を準備し新生児診療にあたっています。新生児科医不在のため、当院での新生児診療受け入れ基準を「在胎35週0日以上、かつ(推定)体重2000g以上の児」とし、主に高ビリルビン血症、新生児一過性多呼吸、低血糖で、輸液、光線療法、酸素療法などの治療を行っています。呼吸障害等のリスクのある新生児の治療は茨城県立こども病院にお願いしています。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 22 14.73 20.79 4.55 31.00
120140xxxxxxxx 流産 14 2.14 2.43 0.00 33.07
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし - - 12.29 - - なし
120260xx99xxxx 分娩の異常 手術なし - - 4.78 - - なし
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 - - 9.77 - - なし
当院の婦人科診療は、2009年4月より休止(※産科診療は2010年4月に再開)しておりましたが、 2017年4月より婦人科診療(外来・入院)を再開いたしました。なお、正常分娩を前提としておりました産科診療につきましても、体制が整い次第、順次、受入症例を拡大してまいります。今後とも医師の確保、体制の整備に努めてまいります。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 13 8.46 11.97 0.00 71.15
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 8.78 - - なし
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2なし - - 13.33 - - なし
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 14.87 - - なし
080006xx99x3xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 手術なし 手術・処置等23あり - - 9.17 - -
蜂窩織炎や丹毒といった細菌感染症、顔面・頭部の帯状疱疹、皮膚癌の手術目的での入院が多いですが、他にも入院が必要な皮膚疾患は多岐にわたります。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 31 14.45 10.53 3.23 57.19 なし
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 30 2.73 2.91 0.00 78.53
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 10 13.50 9.15 0.00 73.50 なし
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 - - 8.27 - - なし
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 - - 7.01 - - なし
当科では、近隣の医療施設から多くの患者さんを紹介いただき、緊急入院や緊急手術が必要な網膜剥離などの疾患にも対応しています。
外来手術も含めますと、年間578件の白内障手術を施行していますが、患者さんの眼や全身の状態とご希望により、1〜2泊の入院での手術も施行しています。
また、網膜剥離、糖尿病性増殖性網膜症などの網膜硝子体疾患に対して、眼科的に高度な技術を要する網膜硝子体手術を年間54 件施行しています。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

救急総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群 手術・処置等24あり 48 18.15 29.86 39.58 75.73 なし
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 9.74 21.25 52.17 85.17 なし
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 45 6.62 12.43 6.67 79.76 なし
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等23あり 45 13.71 39.70 26.67 73.04 なし
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 2.06 3.64 6.45 55.03 なし
重症呼吸不全、敗血症性ショック、心肺停止蘇生後など重症患者さんを中心に診療しています。一方で不明熱や原発不明癌、内分泌異常など総合診療科として精査加療が必要な患者さんも入院しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 97 14 25 54 15 36 1 7
大腸癌 42 21 66 58 45 38 1 7
乳癌 72 54 14 - - 16 1 7
肺癌 86 22 61 138 12 137 1 7
肝癌 18 19 16 14 - 104 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【肺癌】
呼吸器内科・・・肺癌は一般に自覚症状が乏しく、切除不能な状態で診断されることが多いです。日立地区は低線量CT検診によりI期癌の発見は多いものの、医療圏すべてに普及しているわけではなく、進行癌の診断数は減少していません。また、進行肺癌の治療やケアを行える医療機関が少ないため、医療圏内外からの受診が増えておりIV期癌の症例数が多いものと推測されます。
呼吸器外科・・・手術を対象とした入院の75-80%は臨床病期I期です。II期までは体調が許せば手術治療が一番お勧めされる治療選択肢です。I期であっても重い併存疾患があり体力的に手術が難しいと考えられる時には、放射線治療もひとつの選択肢です。III期肺癌の治療は、抗がん剤・放射線・手術を組み合わせた集学的治療が推奨されます。キャンサーボードという多診療科の検討会議でお一人お一人に最適の治療を検討しています。

【胃癌】【大腸癌】【肝癌】
消化器内科・・・早期胃・大腸癌の多くは、内視鏡治療(ESD:内視鏡的粘膜下層剥離術)を行っています。手術適応の胃・大腸癌は、外科的手術後に必要に応じて術後補助化学療法が行われています。術後再発の胃・大腸癌や手術不能の胃・大腸癌は、治療ガイドラインに沿った化学療法を行っています。レジメン(治療計画)は、審査委員会で承認され登録されています。
肝癌は、手術・RFA・TACE・放射線治療(陽子線治療)を組み合わせて集学的に行っています。C型肝炎は、がん治療後に可及的に抗ウイルス治療を行っています。 ※RFA:経皮的ラジオ波焼灼療法,TACE:肝動脈化学塞栓療法
外科・・・主要5部位癌のうち、胃癌、大腸癌、肝臓癌に対応しております。治療方針は、外科全体でカンファレンスを行い決定しております。手術は開腹手術のみならず、積極的に腹腔鏡下手術を行っており、早期ADL改善を目指しております。また、化学療法(術前、術後)、放射線治療は、消化器内科、放射線科とも連携し、病期に応じた集学的治療を行っております。
地域がん診療拠点病院として近隣の医療施設と連携を保ち、地域医療に貢献しております。

【乳癌】
乳腺・甲状腺外科・・・当科では、診断、治療(手術、薬物療法、放射線治療)、終末期医療までの診療を行っております。乳がんの病期(ステージ)、性質(サブタイプ)、患者の状態に合わせた集学的かつ個別化医療を実践しております。経過の長い病気ですので、退院後の生活の質を重視したケアも行っております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 12.58 49.58
中等症 75 14.88 79.12
重症 30 13.23 79.60
超重症 - - -
不明 - - -
軽症で基礎疾患のない肺炎患者さんは、外来で治療されています。肺炎入院患者さんの在院日数は、肺炎としての重症度のほかに患者さんの基礎疾患や全身状態により大きく左右されます。肺炎の重症度と在院日数に一見すると明らかな関係が見出せないのは、このためであると考えられます。言い換えると、軽症や中等症の肺炎で入院を要する例は基礎疾患があり、複雑な症例が多いと推測します。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 14 4.79 77.43 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 244 30.29 77.30 32.08
その他 21 20.19 68.48 2.26
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
当院は、脳梗塞の急性期治療を担当しております。急性発症期には救急科・神経内科・脳神経外科の協力で、血栓溶解療法には随時対応しています。軽症であっても重症化し後遺症を残存しうる疾患ですので、内科系各科の協力で十分な検索、予防・指導を行い、必要があれば脳神経外科で外科的治療も行います。神経症状や日常生活動作障害に対しては、看護局、リハビリテーション科や社会福祉相談室など多職種によるチーム医療を行っています。また近隣の病院・施設の協力で、回復期リハビリテーションや維持期の管理を依頼するなど、切れ目の無い診療を目指しています。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 95 2.44 13.21 7.37 77.02 なし
K654 内視鏡的消化管止血術 93 0.52 11.55 9.68 71.19 なし
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 70 1.27 5.49 2.86 75.03
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 68 1.72 6.06 4.41 72.12
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 65 1.77 2.77 1.54 70.12
高齢者の閉塞性黄疸症例には、可及的早期の胆道ドレナージを行い急性閉塞性化膿性胆管炎での急変を予防しています。抗凝固薬・抗血小板薬服用患者が多く消化管止血術も増加していますが、特に憩室出血が増加しています。減少傾向ではありますが肝細胞癌に対する選択的動脈化学塞栓術も行っています。早期胃・大腸癌の多くは内視鏡治療(ESD:内視鏡的粘膜下層剥離術)を行っています。何れもクリニカルパスを用いて入院期間の短縮が得られています。

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 174 1.50 4.15 1.15 68.72
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 47 2.62 8.36 4.26 79.21
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 46 0.02 11.00 13.04 70.09
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 41 1.02 2.22 0.00 61.61
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 36 3.31 2.22 0.00 60.28
当科で行っております主要な手術は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対するカテーテル治療、下肢動脈硬化に対するカテーテル治療、徐脈性不整脈・致死性不整脈および重症心不全に対するペースメーカー治療、心房細動をはじめとする上室性および心室性不整脈に対するカテーテル心筋焼灼術があります。
重度の併発疾患が無い狭心症および、早期に来院された心筋梗塞に対するカテーテル治療は入院期間はそれぞれ平均約3日、10日となっております。入院中に虚血性心疾患発症の原因疾患(高コレステロール血症、糖尿病など)の治療も開始し、再発予防に努めております。
来院時心肺停止状態あるいは重度の感染症・ショック状態などの重篤な状態の心筋梗塞につきましては、該当する各科と協力して集学的治療を行い救命率向上に努めております。
2016年より上室性頻脈に対するカテーテル心筋焼灼術を開始しております。心房細動をはじめとした不整脈の根治治療で、抗不整脈薬を減量あるいは中止する事もできております。

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 70 8.30 13.99 1.43 65.11
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - - なし
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - - なし
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - - なし
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
慢性腎不全に関する手術治療(内シャント設置術、経皮的シャント拡張術、血性除去術)を当科で実施しており、症例数が多くなっております。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 28 3.07 10.61 10.71 72.14
K5551 弁置換術(1弁) 23 10.22 23.74 4.35 72.91
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 22 11.59 23.91 0.00 66.68
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 22 3.50 13.68 9.09 63.00
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 21 5.71 11.38 9.52 72.81
当科の主要手術のトップ5は上記のとおりでした。ステントグラフト治療の普及に伴って、当院でも大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術が増えています。当科は茨城県北地方の基幹病院であり、成人の心臓血管外科手術をバランスよく実施しています。近年はカテーテル治療の目覚ましい進歩に伴って冠動脈バイパス術が減少傾向にありますが、当院では良好な実績を維持しています。腹部大動脈瘤切除術も近年はステントグラフト治療の普及に伴って減少傾向ですが、良好な成績ゆえ比較的リスクの低い症例には積極的に適応しています。一方、弁置換術は高齢化に伴って老化変性の大動脈弁狭窄症が増えています。そのため70歳以上の高齢者に対しては、術後の薬物療法が容易な生体弁を積極的に選択しています。また、超高齢者やハイリスク例に対してカテーテルを用いた低侵襲・大動脈弁置換手術の導入を進めております。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 121 1.17 2.42 0.83 69.51
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 107 1.90 5.60 2.80 64.51
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 75 4.28 13.28 4.00 71.51
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 38 6.21 17.21 0.00 74.68
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 31 6.16 18.26 12.90 73.81
鼡径ヘルニア(術前1.2日、術後2.4日、症例数121例)前日入院、手術後2日に退院というクリニカルパス導入しております。
胆嚢結石(術前1.9日、術後5.6日、症例数107例)前日入院、手術後5日に退院というクリニカルパス導入しております。
結腸癌(術前4.3日、術後13.3日、症例数75例)結腸癌で腹腔鏡下手術症例は2015(平成27年)年で69%となっております。クリニカルパス導入しており術後日数も10日前後となっております。

呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 39 2.72 12.77 0.00 71.92
K5141 肺悪性腫瘍手術(部分切除) 21 2.95 10.62 0.00 66.62
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 21 2.14 8.14 0.00 69.52
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 20 5.20 5.70 0.00 33.80
K5142 肺悪性腫瘍手術(区域切除) 15 3.00 14.00 0.00 67.47
肺悪性腫瘍手術(肺葉切除または1肺葉を超える)は、原発性肺癌や転移性肺腫瘍に対して適応となる術式です。腋窩小開胸(胸腔鏡併用)アプローチでは、術後10日、後側方開胸アプローチでは術後14日で退院を目標とするクリニカルパスを使用しています。
肺悪性腫瘍手術(部分切除)は、肺葉切除よりも肺の切除範囲が小さく縮小手術と呼ばれます。小型の早期肺癌に対して行う場合や、呼吸器機能が悪く肺葉切除に耐えられない患者さんに行う場合があります。主に術後10日で退院を目標にするクリニカルパスを使用しています。
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)は、当科では主に早期の原発性肺癌を適応としています。7cm程度の小開胸創と3箇所のサージカルポートを用いて、胸腔鏡モニター視を主体とする手術です。術後7日を退院の目標とするクリニカルパスを使用しています。
胸腔鏡下肺切除(肺嚢胞手術(楔状部分切除術))は、主に気胸に対する術式になります。1.5cm程度の切開3箇所で胸腔鏡モニター視による手術です。術後5日で退院を目標とするクリニカルパスを運用しています。
肺悪性腫瘍手術(区域切除)は、肺の切除範囲が部分切除よりも大きく、肺葉切除よりも小さい切除法です。部分切除と同様に縮小手術のひとつです。小型の早期肺癌に対して行う場合や、呼吸器機能が悪く肺葉切除に耐えられない患者さんに行う場合があります。術後10日で退院を目標にするクリニカルパスを使用しています。

乳腺・甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 87 1.00 2.44 0.00 56.43 なし
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 31 1.19 5.39 3.23 66.35
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 22 1.86 4.18 0.00 55.41
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘) 21 1.05 4.29 0.00 59.24
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 20 1.00 6.20 5.00 60.25
当科では、診断、治療(手術、薬物療法、放射線治療)、終末期医療までの診療を行っております。乳がんの病期(ステージ)、性質(サブタイプ)、患者さんの状態に合わせた集学的かつ個別化医療を実践しております。経過の長い病気ですので、退院後の生活の質を重視したケアも行っております。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 175 1.13 2.23 0.57 73.58
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 107 1.07 1.24 0.00 59.36
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 80 2.00 7.39 0.00 67.28
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 53 0.00 1.00 0.00 56.77
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 38 0.84 5.42 2.63 71.45 なし
当科の特徴は、クリニカルパスを積極的に利用し、在院日数を減らして、患者さんの負担を少なくしていることが特徴です。特に前立腺癌に関しては、北関東で最初にロボット支援システムを導入し、現在は順調に運用しております。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 79 1.05 19.19 59.49 72.16
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 73 4.19 39.64 30.14 69.63
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 48 2.83 31.60 41.67 69.52
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 44 1.80 12.52 18.18 64.86
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 35 1.77 23.94 14.29 68.54
当科では脊椎外科の全般にわたり高い専門性を有し、近隣の医療機関で対応困難な症例(多数回術後、術後再狭窄、脊柱変形、転移性脊椎腫瘍、脊椎/脊髄腫瘍、化膿性脊椎炎、脊椎/脊髄損傷など)を中心とした難治性疾患に対処しているため、在院日数が少し長くなりますが、脊椎固定術の比率が高くなっています。
救急患者さんの受け入れも積極的に行っているため、大腿骨近位部骨折に対する骨折観血的手術と人工骨頭挿入術は通常24時間以内に施行出来る体制を整備/実践することにより、早期除痛/離床、早期リハビリ開始が可能となり、ADLの改善とQOLの向上を目指しています。

形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 13 1.46 3.77 0.00 55.69
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - - なし
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
K0134 分層植皮術(200cm2以上) - - - - - なし
K288 副耳(介)切除術 - - - - - なし
当科では大きなものや難しい場所の軟部腫瘍 皮膚腫瘍が多いが小さなものも外来手術で行っています。また、乳房再建手術をはじめ、悪性腫瘍切除後の再建手術、救急充実による顔面外傷 骨折 手指の外傷も多くなっています。さらに外表の先天異常の手術も多種多様行っています。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 34 3.68 47.41 44.12 67.24 なし
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 22 0.50 16.14 13.64 68.27 なし
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) 13 2.85 49.23 23.08 73.00 なし
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 13 0.38 60.15 84.62 64.15 なし
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 13 6.38 58.62 15.38 67.69 なし
脳神経外科手術で多かった術式です。
動脈瘤頸部クリッピング手術は、くも膜下出血をきたした破裂脳動脈瘤、あるいはくも膜下出血予防に未破裂脳動脈瘤に対して行う手術で、動脈瘤が1か所であった方が34人でした。くも膜下出血の場合、続発する水頭症の治療、発症時の脳損傷に対する治療などが必要となります。当院での急性期治療後は脳卒中地域連携クリニカルパスを用いて回復期リハビリ病院と連携して治療をすすめています。
慢性硬膜下血腫は、高齢者に多い疾患で、数日の経過で進行する頭痛、歩行障害、認知機能障害が特徴的です。局所麻酔の手術で良好な転帰となることが多いです。しかし、もともとの活動性が低い方では、リハビリ転院が必要となることもあります。現在はクリニカルパスを導入してその成果を検証しています。
外傷による硬膜下血腫で手術を行った方は13人、高血圧性脳出血で手術を要した方は13人でした。
脳腫瘍の手術も13人で、悪性脳腫瘍4人、良性脳腫瘍3人、転移性脳腫瘍6人でした。悪性脳腫瘍や転移性脳腫瘍では放射線治療や抗癌剤治療が必要となります。転移性脳腫瘍はもとの癌を担当する診療科と共同しての治療をすすめています。

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 12 0.00 1.00 0.00 32.75
K9061 子宮頸管縫縮術(マクドナルド法) - - - - - なし
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - - なし
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式) - - - - -
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) - - - - -
当院の婦人科診療は、2009年4月より休止(※産科診療は2010年4月に再開)しておりましたが、 2017年4月より婦人科診療(外来・入院)を再開いたしました。なお、正常分娩を前提としておりました産科診療につきましても、体制が整い次第、順次、受入症例を拡大してまいります。今後とも医師の確保、体制の整備に努めてまいります。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 11 0.91 5.09 0.00 74.55 なし
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) - - - - - なし
K293 耳介悪性腫瘍手術 - - - - - なし
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) - - - - - なし
K617-2 大伏在静脈抜去術 - - - - - なし
基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫などの皮膚癌の手術が多く、その欠損部や熱傷に対して植皮術を行っています。
皮膚症状の強い下肢静脈瘤の治療も当科で行っています。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 283 0.71 1.01 0.35 75.30
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 37 1.49 10.08 0.00 60.73 なし
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 15 0.87 9.27 6.67 58.47 なし
K2683 緑内障手術(濾過手術) - - - - - なし
K275 網膜復位術 - - - - - なし
当科では、合併症の少ない安全な手術を施行することを最優先としています。また、白内障手術、硝子体手術ともに最新の器械を使用し、低侵襲な手術を施行することで、手術後の良好な視機能回復を目指しています。
外来手術を含めますと、年間578件の白内障手術を施行していますが、患者さんの眼や全身の状態とご希望によって日帰りあるいは1〜2泊の入院での手術を施行しています。
また、重症の糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離、黄斑円孔や黄斑前膜などの網膜硝子体疾患に対して、眼科的に高度な技術を要する網膜硝子体手術を年間54件施行しています。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

救急集中治療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6021 経皮的心肺補助法(初日) 16 1.13 12.81 25.00 67.94 なし
K386 気管切開術 14 9.21 19.57 64.29 76.07 なし
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - - なし
K5091 気管支異物除去術(直達鏡) - - - - - なし
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - - なし
経皮的心肺補助法は、心臓と肺の機能を補助するもので、いわゆる人工心肺装置を用いる方法です。 生理的な循環には、心臓から拍出された血液が全身へ送られ、酸素を供給して二酸化炭素を回収し、再び心臓へ戻る体循環と、心臓に戻った血液が肺へ送られ、二酸化炭素を排出して酸素を補給し、再び心臓へ戻る肺循環の2種類があります。極めて致命的な病状にある患者さんに対し、人工心肺装置で2種類の循環を代行して生命を維持しつつ、心肺機能の改善を図ります。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 95 0.90
180010 敗血症 同一 42 0.40
異なる 97 0.92
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 61 0.58
異なる 14 0.13
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、敗血症、播種性血管内凝固、手術・術後の合併症、その他の真菌症について、入院の契機となった病名と入院中に最も医療資源が投入された病名の同一性の有無を区別して患者数と発生率を示します。

播種性血管内凝固症候群とは、さまざまな重症の基礎疾患のために過剰な血液凝固反応活性化が生ずるため生体内の抗血栓性の制御能が十分でなくなり、全身の細小血管内で微小血栓が多発して臓器不全、出血傾向のみられる病気です。

敗血症とは、肺炎や肝・腎疾患など、感染を起こしている部分から血液中に細菌が流れ込み、重篤な全身症状となる病気です。

手術、処置等の合併症については、入院中の透析施行患者様が、入院中にシャント血管のトラブル(閉塞、狭窄)、あるいは透析用カテーテルの感染などが発症し治療を要したためと考えられます。

当院では重篤な症状の患者さんの治療を行っており、入院の契機となった病気の治療よりも合併症や入院後に発症した病気の治療に医療資源が投入される場合があります。

※患者数が10未満の場合は、−(ハイフン)を記入しています。

更新履歴

2017.09.28
        平成29年度のデータに更新
2016.09.28
        新規作成