ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

COBOL2002:ソリューション・関連製品

COBOL2002と関連のあるソリューション・製品をご紹介します。

ソリューション

COBOL活用ソリューション

 

既存COBOL資産のシステム・モダナイゼーションによる有効活用を支援し、コスト削減を実現します。
マイグレーションによるオープンシステムへの移行やWebシステムとの連携による既存COBOL業務のWeb化を行います。

レガシーマイグレーション支援ソリューション

 

メインフレーム資産を活用しつつ、オープン化することで、品質を極力維持したまま、ランニングコストを削減します。
また、実績ある日立ミドルウェアを活用することで、安全や信頼性を担保したマイグレーションを実現します。

サーバー移行支援ソリューション

 

サーバ(AIX、HP-UX、Solarisなど)のOS移行による影響を事前に調査し、プログラム資産の効率的な移行(マイグレーション)を支援します。

アプリケーションライフサイクルマネジメントサービス

 

お客さまが保有しているIT システムの維持・管理・成長をご支援させていただくサービス群です。各サービスを適用していただくことにより、お客さまの悩みや不安を解決し、お客さまのビジネスに貢献致します。

COBOL2002の機能を拡張

索引順編成ファイル

ISAM

ISAMは、COBOLによる索引順編成ファイル(ISAM)へのアクセスを実現するライブラリ、および管理のためのユティリティを提供します。また、ISAM/Dを使用すると、サーバ上にある索引順編成ファイルにアクセスする「分散ISAMサービス」を実現できます。

COBOL2002はISAM製品のうち、COBOLの実行に必要な機能は標準提供しています。

ソート・マージユーティリティ

SORT

SORTは、COBOLのSORT/MERGE文による整列併合処理を実現するライブラリ、およびコマンドを提供します。

COBOL2002はSORT製品のうち、COBOLの実行に必要なライブラリを提供しています。
コマンドをご利用する場合はSORT製品が必要です。

各種ライブラリ

標準サブルーチン(SEWB+/標準サブルーチン)

SEWB+/標準サブルーチンは、日付(西暦・和暦)や年齢など標準的なデータ項目に対応する処理(チェック・編集)をライブラリとして提供します。

日立コード変換

日立コード変換は、多様なプラットフォーム、文字コード、開発環境に対応しています。

画面・帳票

画面・帳票サポートシステム

XMAP3

COBOLアプリケーションで利用する画面や帳票を作成するソフトウェア製品です。
細かいイベント処理を記述する必要がなく、ファイルと同じ要領で画面入出力ができるため、メインフレーム業務のオープン化などに多く利用されています。また印刷モードの変更だけで帳票をプリンタにもPDFにも出力でき、柔軟な帳票運用に対応します。

帳票ツール

EUR

簡単な操作で、本格的な業務帳票を作成できます。
帳票の全体イメージを視覚的に確認できるため、設計が容易です。罫線やデータのレイアウトから集計までを、柔軟に設計・編集できます。

オープン環境でのバッチ帳票出力

PRINT DATA EXCHANGE for Open

COBOLのバッチ帳票をスムーズにマイグレーションできます。
COBOLソースだけでなく、メインフレームの帳票資産であるFCBや書式オーバレイ定義も活用でき、移行した帳票は各種バーコードを追加したりPDF化したりして、柔軟な帳票運用に対応できます。

Webシステム

クラウドサービスプラットフォーム

Cosminexus

Webアプリケーションサーバを中核とした、高性能、高信頼なクラウドサービスプラットフォームです。

オンライントランザクション処理

分散トランザクションマネージャ

uCosminexus OpenTP1

メインフレームと同等のオンライントランザクション処理機能を、ワークステーションおよびPC環境で実現する、分散トランザクションマネージャです。業界標準仕様準拠のAPIや各種通信プロトコルに対応しています。さらに、インターネット/イントラネット環境にも対応しています。

JavaからOpenTP1環境下のCOBOL呼び出し

TP1サーバ用Java連携

Cosminexus環境のJavaアプリケーションから分散トランザクションマネージャOpenTP1環境下のCOBOLアプリケーションを呼び出すことができます。TP1/COBOL adapter for Cosminexus Version 2を利用すると、COBOLで記述されたサーバアプリケーションのインタフェース情報(連絡節のデータ定義)から、連携のインタフェース処理をするJavaBeansを簡単に生成できます。

データベース

HiRDBまたはOracleの場合、プリプロセッサを使用することで直接SQLを埋め込んだプログラムが開発できます。
ソースプログラム中に直接SQLを埋め込んだプログラムは、プリプロセッサでCOBOLプログラムに変換します。変換されたプログラムは,COBOLのコンパイラでコンパイルするとアプリケーション(実行可能ファイル)になります。

SQLを含むCOBOLアプリケーション開発図

HiRDB

 

COBOLプリプロセッサ(pdcbl)は、以下の製品に含まれます。
・HiRDB Server
・HiRDB/Developer's Kit
・HiRDB Developer's Suite

Oracle Database

 

COBOLプリプロセッサ(Pro*COBOL)は、Oracle Programmerに含まれます。

運用管理

統合システム運用管理

JP1

ストレージ管理、ジョブ管理、ネットワーク管理などのさまざまな機能を提供する、統合運用管理ソフトウェアです。

バッチ業務

COBOLバッチ業務の高速化

 

COBOLのバッチ業務を高速化できます。
バッチジョブを分散して1つまたは複数のサーバ内で並列実行することにより、バッチジョブ全体の処理時間を短縮して高速化するための機能を提供します。