ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

日立コード変換と関連のあるソリューションをご紹介します。

動的マッピングを用いた文字コード変換ソリューション

『既存システムの文字コードを変えずにUnicodeを扱うシステムへ!』
日立コード変換の動的マッピングソリューションとCOBOLの各種テクニカルにより、既存システムのCOBOLプログラムを最大限再利用しつつ、大量の外字を扱えるシステムを実現します。
動的マッピングを用いた文字コード変換ソリューションに関する情報は以下を参照ください。

データ加工ソリューション

様々な場面で扱う”データ”は、種類や用途が多様化しています。 これらのデータを効率良くかつ効果的に利活用するために、業務プログラムの設計や開発を支援します。
データ加工ソリューションに関する情報は以下を参照ください。

サーバ移行支援ソリューション

サーバ(AIX、HP-UX、Solarisなど)のOS移行による影響を事前に調査し、プログラム資産の効率的な移行(マイグレーション)を支援します。
サーバー移行支援ソリューションに関する情報は以下を参照ください。

レガシーマイグレーション支援ソリューション

メインフレーム資産を活用しつつ、オープン化することで、ランニングコストを削減します。 また、実績ある日立ミドルウェアを活用することで、安全や信頼性を担保したマイグレーションを実現します。
レガシーマイグレーション支援ソリューションに関する情報は以下を参照ください。