ページの本文へ

Hitachi

ミドルウェア移行支援ソリューション

(旧レガシーマイグレーション支援ソリューション)

メインフレーム、オープンの既存資産を活用し、新しい基盤環境に置き換える支援をします。また、方式設計や既存資産/ミドルウェアの移行でのさまざまな課題の解決を支援します。

ミドルウェア移行支援ソリューションとは

ミドルウェア移行支援ソリューションとは

メインフレーム資産を活用しつつオープン化することで、品質を極力維持したままランニングコストを削減します。オープンシステムの移行では、既存資産を活用し新しい基盤環境に置き換えます。
また、実績ある日立ミドルウェアを活用することで、安全や信頼性を担保したシステムの移行を実現します。

課題1:基幹システムのコスト最適化とシステムの段階的移行を実現したい

【現状】重複業務など肥大化したプログラム資産を整理できておらず、ランニングコストを最適化できていない

「ランニングコストを最適化できないだろうか?」「重複業務など肥大化したプログラム資産を整理できないだろうか?」「効果あるIT投資はどうしたらできるだろうか?」「今のシステムのままで、ビジネス環境の変化に即応できるだろうか?」「戦略性の高い新規システムへの継続投資ができるだろうか?」

システム維持コストの削減やビジネス環境の変化に合わせた経営のスピード化が問題となる中、ITにおける最大の経営課題はITコスト最適化です。すなわちランニングコストを最適化し、削減したITコストをシステムの機能拡張に戦略的に投資することです。その手段の一つとして基幹システムのオープン化があります。

【解決】コスト、品質、期間の点で有利な、日立ミドルウェアを利用したマイグレーション

コスト、品質、期間の点で有利な、日立ミドルウェアを利用したマイグレーションのイメージ

本ソリューションでは、マイグレーションを提案します。移行に際し本ソリューションでは、日立ミドルウェアを利用し、現行資産を再利用することで、品質を極力維持したまま、ランニングコスト削減の実現を支援します。
日立ミドルウェアは、メインフレームで培った高信頼・高品質な技術がバックボーンであり、お客さまの既存の財産を活かしながら、高い信頼性と柔軟性、自律性を備えたITシステムの実現を支えます。

課題2:オープンシステムのコスト最適化とシステムの段階的移行を実現したい

移行時の課題(資産流用、クラウド、画面刷新、コスト削減)の検討が難しい

メインフレームからオープン化したシステムでは、従来から使われている画面のインタフェースなどが残り、更なる効率化、最新化が必要とされています。

【解決】最新技術を取り込み、日立ミドルウェアを利用したマイグレーション

最新技術を取り込み、日立ミドルウェアを利用したマイグレーション

本ソリューションでは、移行診断を行い、モダナイゼーションを提案します。移行に際し本ソリューションでは、日立ミドルウェアを利用し、現行資産を再利用し、新しい技術も積極的に取り込み、システムの多様化、柔軟性を高めます。

関連事例

関連製品一覧

関連製品一覧
分類 機能 製品・ソリューション
言語 COBOL言語 COBOL2002
バッチ バッチジョブ実行基盤 uCosminexus Batch Job Execution Server
バッチジョブ分散実行 uCosminexus Grid Processing Server
ソートマージ SORT Version9 - Extended Edition
オンライン トランザクションマネージャ uCosminexus OpenTP1
Javaアプリケーション実行基盤 uCosminexus Application Server
ファイル、データ系 データベース HiRDB
索引順編成ファイル ISAM
文字コードの相互変換 日立コード変換
運用管理 統合コンソール JP1/Integrated Management 2
ジョブスケジューラ JP1/Automatic Job Management System 3
ジョブ制御スクリプト JP1/Script
帳票・文書管理 バッチ帳票 PRINT DATA EXCHANGE for Open
帳票ツール(新規の方はこちら) Hitachi Report for SVF
帳票ツール EUR
画面・帳票サポートシステム XMAP3
プリント運用管理 プリント運用管理ソフトウェア
電子帳票 HOPSS3/AS REV/OSE (日立ソリューションズ提供)
プリントソリューション 基幹系プリントソリューション(日立ソリューションズ提供)