ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

COBOL2002

COBOLコンパイラ、SOA、Webシステム対応のCOBOL開発環境

トピックス&ニュース

2024年1月31日
  • ・Windows版COBOL2002 04-70をリリースしました。
    Windows版COBOL2002 Version 4 活用例と新機能のご紹介(PDF形式、約1.70MB)

  • 資産分析機能に、PAD表示機能の説明を追加しました。

  • ・1月30日(火)開催のCOBOLオンラインLiveセミナーは、盛況のうちに終了しました。

  • ・Linux版COBOL2002のPro*COBOL対応OSに、Red Hat Enterprise Linux Server 9を追加しました。
    Pro*COBOL対応一覧はこちら

  • ・TP1サーバ用Java連携のLinux版適用OSに、Red Hat Enterprise Linux Server 9を追加しました。

2023年12月19日
  • ・Windows版COBOL2002 04-70をリリースします。

  • ・COBOLオンラインLiveセミナーを開催します。
    「事例でご紹介! COBOL資産を生かすモダナイゼーション」をテーマに、メインフレームからLinuxへのマイグレーション事例について比較的高い移行率を実現した内容と開発時の検証における留意ポイントのご紹介や、既存のCOBOL資産を生かしつつ段階的にクラウドモダナイゼーションする方法をご紹介します。
    2024年1月30日(火)開催。

2023年10月13日
  • ・Linux版COBOL2002 SJIS対応版がRed Hat Enterprise Linux 9に対応しました。

  • ・COBOL2002製品の価格を改定しました。

  • ・COBOL研修リーフレットの内容を更新しました。
    COBOL研修(PDF形式、約400KB)

COBOL Consortium(新規ウィンドウを開く)
日立製作所は「COBOLコンソーシアムNewWin」に参加し、積極的にユーザに情報提供していきます。
COBOLハッカソン2020(2020年2月〜3月開催) 成果と投票結果はこちらNewWin

[ 別ウインドウを開くアイコン:新規ウィンドウを表示 ]