ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

Hitachi Virtual Storage Platform E390, E590, E790, E990, E1090, E390H, E590H, E790H, E1090H

Lumada Readyは、Lumada
ソリューションの実現に寄与する、
先進的かつ戦略的プロダクトです。

  • オールフラッシュアレイ
  • ハイブリッドフラッシュアレイ
  • ミッドレンジ
  • 仮想化
  • 仮想プライベートストレージ
  • NVMe
  • リモートコピー

日立がこれまで培ってきた高可用技術を継承しながらアーキテクチャを見直し、即応性と柔軟性を強化。
ミッションクリティカル領域におけるデジタルビジネスの進化を支えます。

オールフラッシュアレイ

Hitachi Virtual Storage Platform
E390, E590, E790

Hitachi Virtual Storage Platform E590, E790, E990, E590H, E790H

最大容量*1E3906,139TB
 E590, E7906,500TB

装置仕様表

Hitachi Virtual Storage Platform
E990, E1090

Hitachi Virtual Storage Platform E990

最大容量*1E9902,889TB
 E109023,113TB

装置仕様表

ハイブリッドフラッシュアレイ

Hitachi Virtual Storage Platform
E390H, E590H, E790H

Hitachi Virtual Storage Platform E590, E790, E990, E590H, E790H

最大容量*1E390H8,819TB
 E590H, E790H9,180TB

装置仕様表

Hitachi Virtual Storage Platform E1090H
 

Hitachi Virtual Storage Platform E1090H

最大容量*123,113TB

装置仕様表

*1
詳細・構成は装置仕様表を参照ください。

コンセプト

さらなる高速化と高効率化を追求したデジタル新時代のストレージシステムへ。

IoTの普及などを背景に、ビジネスや社会の営みから生み出されるデータが加速度的に増加するなか、膨大なビッグデータをAIなどによって分析・活用して新たな価値創出をめざす動きが活発化しています。

「Hitachi Virtual Storage Platform Eシリーズ」は、エンタープライズストレージのOSをベースに先進的な仮想化技術を受け継ぎながらも、大容量データへのより高速なアクセスを可能にするNVM Express(NVMe)をドライブインタフェースに採用したフラッシュストレージ。

アーキテクチャの最適化でNVMeの高速アクセス・高レスポンスをさらに引き出すとともに、容量の密度を大幅に向上させてデータの集約率を高めることで、即応性に優れた高効率なストレージシステムを実現します。

IoT: Internet of Things
AI: Artificial Intelligence
NVMe: Non-Volatile Memory Express

特長

大容量・高速アクセスを実現

社会を支える高信頼

変化するビジネス環境に柔軟に対応

日立のブロックストレージ ラインアップメニュー

ミッドレンジストレージ
エンタープライズストレージ