ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

ドライブ復旧処理の高速化

NVMeによる高速転送と処理制御を最適化し、ドライブ故障からの回復処理を高速化しました。復旧時間を大幅に短縮することで、万一のドライブ故障時も業務への影響を最小限に抑制でき、大量データの可用性が向上します。

Active-Activeなボリュームミラーリング

Active-Activeなボリュームミラーリング機能*によりデータの二重化をサポート。サーバーに対して異なる拠点にあるストレージの2つのボリュームを同一のものとして認識させることで、一方のボリュームで障害が発生してもサービスを停止させることなくシステムを切り替えられます。また、仮想化ソフトウェアと連携することにより、ストレージを操作することなく仮想マシンの移動が可能です。

* 米国特許第8,943,286号 取得済

遠隔拠点間のデータコピー

データセンターの災害対策として、ローカルサイトとリモートサイトに設置したシステム間における、サーバーフリー(非経由)のリモートコピー機能を提供。広域災害に備えるデータセンター構成で事業継続性を高めることができます。サイト間のデータ整合性を確保する同期リモートコピー機能のほかに、業務サーバーへの影響を極小化する非同期リモートコピー機能*も用意。ストレージ仮想化機能と組み合わせて、柔軟な運用ができます。

* 米国特許第7,152,079号 取得済