ページの本文へ

Hitachi

Lumada

Lumadaとは

Lumadaは、“Illuminate(照らす・解明する・輝かせる)“と“Data(データ)“を組み合わせた造語。
お客さまのデータに光をあて、輝かせることで、新たな知見を引き出し、お客さまの経営課題の解決や事業の成長に貢献していく、という思いを込めています。

Lumadaコンセプト映像〜新たな価値の創出に向けて-日立

DX〜デジタルトランスフォーメーション〜で、よりよい社会へ

DX〜デジタルトランスフォーメーション〜で、よりよい社会へ

いま、よりよい社会の実現へ向けて、デジタル技術を活用した変革「DX(デジタルトランスフォーメーション)」が求められています。そして、想定外の事態や社会の大きな変化に対応するために、逆境からしなやかに立ち上がる力「レジリエンス(回復力)」が必要とされています。

日立はいま、さまざまな事業領域のお客さま・パートナーとともに、デジタル技術による社会イノベーションに取り組んでいます。予測不能な変化のきざしをとらえ、素早くアクションを起こす。さらに、協創によってエコシステムを作り上げ、次の社会に向けた新しい価値を創出する。

そのために日立がご提案するのが、Lumadaです。

OT:Operational Technology
IT:Information Technology

スピード&スケールで
ビジネス戦略を加速する、
Lumadaの
デジタルイノベーション。

IoTの進展により、社会やビジネスが生み出すデータが加速度的に増え続けています。
これらのデータこそ、ビジネスの新しい価値の源泉。
これからは、社会が生み出す膨大な量のデータを活用し、新たな価値を創造していく時代です。

Lumadaは、お客さまとの協創を通じて、データを活用した新たなビジネスを迅速に実現できます。さまざまな事業領域のお客さま・パートナーとともにエコシステムを形成することで、次の社会に向けて新しい価値を創出するデジタルイノベーションを加速していきます。

お客さま・パートナーとの協創

お客さまが事業、業務、製品・サービスを変革するための
データ分析に基づく戦略を、ともに立案します。

業種・業務ノウハウ
(ソリューション、ユースケース)

お客さまのデジタルイノベーションの計画から設計、実装までを、
日立の業種・業務ノウハウと過去に培った知見を活用し支援します。

豊富に蓄積されたユースケースで、お客さまの経営課題に迅速にデジタルソリューションを提供。

日立が持つ、多岐にわたる業種・業務のノウハウや知見。お客さまとの協創で新たな価値を創出した、実績あるデジタルソリューション。
これらをさらにさまざまな分野で迅速に活用するため、ソリューションやモデル化したユースケースとして、Lumadaに凝縮・蓄積しました。その数と分野は年々増加しています。

日立は、さまざまな分野のお客さまと新たに協創を推進するため、お客さまの経営課題に合ったLumadaのユースケースや、ノウハウが凝縮されたLumadaのソリューションを活用します。こうして、お客さまごとに適切な仕組みを構築。

確かな価値を創出するデジタルソリューションを迅速に提供します。

プラットフォーム製品と
テクノロジー

お客さまがデジタルイノベーションを実現するための、
先進的な製品とテクノロジーを提供します。

先進的なデジタルソリューションをスピーディーに提供するための
アーキテクチャーとテクノロジー、そしてプラットフォームサービス。

DXでよりよい社会へ向かうために、IoTを活用したサイバーフィジカルシステムの考え方が重要です。

現実世界(フィジカル空間)から得たデータを、サイバー空間のクラウド上に構築されたAIなどによって可視化・分析し、課題の解決策を現実世界にフィードバックします。現実世界をサイバー空間でシミュレートする技術「デジタルツイン」によって、従来よりも迅速かつ広い視野で現実世界の変化に対応する方法を見つけ出すことができます。これを現実世界にフィードバックすることで、ビジネスの現場は、変化の中で新たな価値を創出し続ける場に生まれ変わります。

Lumadaのデジタルイノベーションプラットフォームは、この価値創出の連鎖を加速することによって、継続的なイノベーションを実現していきます。