ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

計画におけるマスタデータと実績の差異分析

生産計画における製造マスターデータ(ST(※1)など)とMES(※2)から吸い上げる実績データをつき合わせギャップを分析するシナリオです。標準原価の精度向上と、計画精度向上による費用と資産の圧縮効果が期待できます。

関連サービス

  • *このページに掲載されている会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。