ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

従来のデータ活用コンセプト

これまでは、企業グループ内における経営データを活用した見える化

企業活動のグローバル化に伴い、各国の経営進捗の見える化を主たる意図とし、統合されたERPを導入してきましたが、対象スコープが企業グループに閉じており、経営管理に関するシステムが中心でした。

今後のデータ活用コンセプト

今後は、企業・組織ネットワークで横断的にITとOTの全データを活用

経営環境の大きな変化にともない、今までの同一企業グループ内でのデータ活用から、その枠を超えていくことが必要となっています。経営管理のみならず生産・販売、更にはOTデータまで活用して競争力の強化を図る必要に迫られています。

  • *このページに掲載されている会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す