ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。EUR V10 サイトのトップページはこちら。

帳票ツール EUR V10:適用モデル

各製品が提供するコンポーネントとサービスで実現できるEURの適用モデルを、メリットや価格イメージと合わせてご紹介します。

機能から探す

*
上図は、サーバ実行環境製品の機能を中心に適用モデルを紹介しています。そのため、開発環境製品やクライアント実行環境製品の機能で可能な「帳票印刷(少人数用)」や「帳票出力(1人用)」は含まれていません。

システム規模から探す

*
監査ログ出力」や「帳票管理」は、システム規模には関係なく利用できる適用モデルのため、上図には含まれていません。

価格帯から探す

一覧から探す

監査ログ出力

対象製品:サーバ実行環境製品開発環境製品

ユーザがスプールデータを操作したときの情報を監査ログとして出力します。この監査ログを監査証跡管理システムJP1/Audit Management - Managerに渡すことで、「だれが、いつ、何を」したかを確認することができます。

配送印刷

対象製品:サーバ実行環境製品開発環境製品

クライアントPCからログインしたユーザが印刷できる帳票があるかどうか、一定間隔でポーリング(問い合わせ)し、そのユーザに宛てた帳票が届いていた場合に自動で印刷します。

仕分け出力

対象製品:サーバ実行環境製品開発環境製品

"本社"、"支店"といったキーワードで自動的に帳票を仕分けして、"本社"や"支店"先のプリンタで帳票を効率よく印刷します。

分割出力

対象製品:サーバ実行環境製品開発環境製品

指定したページ数で帳票を分割して、プリンタに振り分けて印刷します。空きプリンタを有効活用でき、大量の帳票を効率良く印刷できます。

複数帳票処理

対象製品:サーバ実行環境製品開発環境製品

同一サーバ内で複数の業務アプリケーションから帳票出力処理を依頼する場合の運用形態です。

対話型出力

対象製品:サーバ実行環境製品開発環境製品

バッチ処理で帳票のスプールデータをいったん生成・蓄積した後に、オペレータの都合に合わせて帳票をプレビューしたり印刷したりできる対話型の帳票出力処理です。

帳票管理

対象製品:サーバ実行環境製品開発環境製品

帳票をスプールサーバで管理するとき、セキュリティ上、帳票にアクセス制限を設けて公開範囲を制御し、取引先などに内部的な帳票を見せないといった運用が可能です。

オンライン出力

対象製品:サーバ実行環境製品開発環境製品

入力したデータからすぐに帳票を出力するときに便利なオンライン型の帳票出力処理です。

配布印刷

対象製品:サーバ実行環境製品開発環境製品

同一帳票を帳票サーバから各拠点のクライアントPCに接続のプリンタへ配布印刷するときに利用します。

PDF仕分け出力

対象製品:サーバ実行環境製品開発環境製品

給与明細や請求書などの帳票を”支店”といったキーワードで自動的に仕分けしてPDF形式ファイルに出力するときに利用します。

センター印刷

対象製品:サーバ実行環境製品開発環境製品

月末に集中する印刷処理を本社センターのプリンタに集中して行う運用形態です。

帳票自動出力

対象製品:サーバ実行環境製品開発環境製品

手軽に帳票出力を行いたいときに利用します。

帳票出力(1人用)

対象製品:開発環境製品

開発PCを利用して帳票ファイルを作成した後、帳票ファイルに読み込むCSVデータを用意して、帳票印刷/PDF出力/Excel出力/スプールデータ操作を行いたいときに利用します。

JavaScriptをオンにするとナビゲーションが表示されます。
EUR V10 の製品サイトマップはこちら。