ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。最新バージョンのトップページはこちら。

製品ラインアップ

クライアント実行環境のページへ

サーバ実行環境のページへ

開発環境のページへ

製品体系図

EUR Server Enterprise

帳票印刷から帳票出力(PDF/Excel/独自形式(EUR/EPF/スプールデータ))までサポートしているサーバ実行環境製品です。スプールデータの蓄積・管理・印刷を可能にする独自スプール機能を装備しており、お客様の大切な帳票の印刷や管理が可能です。スプールデータから取り出して活用する帳票は、PDFまたはEPFに変換して参照することができます。EPF帳票の参照で利用する専用のクライアントモジュール(コンポーネント)は、1CPUライセンスにつき、1,000ユーザまでのクライアントライセンスが含まれています。

EUR Server Standard

帳票印刷から帳票出力(PDF/Excel/独自形式(EUR/EPF))までサポートしているサーバ実行環境製品です。独自スプール機能を除く、多彩な帳票出力機能を備えています。 EPF帳票の参照で利用する専用のクライアントモジュール(コンポーネント)は、1CPUライセンスにつき、1,000ユーザまでのクライアントライセンスが含まれています。

EUR Server - Cipher option

暗号化したPDF帳票を出力するときなど、暗号化機能を使用する場合に必要なサーバオプション製品です。

EUR Server - Client License

クライアントPCでEPF帳票のプレビューや印刷を行うときに利用するコンポーネントの管理ノード数ライセンスです。

EUR Viewer

クライアントPCで帳票をプレビューしたり、印刷したりするときに利用するクライアント実行環境製品です。

EUR Developer

帳票ファイルの作成から帳票の印刷や出力(PDF/Excel/独自形式(EUR/EPF/スプールデータ))まで可能な開発者向けの統合開発環境製品です。EUR Server Enterpriseと同等のサーバ帳票出力プログラムをテスト実行する場合もご利用いただけます。なお、開発者向けライセンスのため、スタンドアロン構成のクライアントPC上でご利用ください。

EUR Designer

帳票ファイルの作成に特化した開発環境製品です。作成した帳票ファイルにデータを取り込んで帳票をプレビューしたり、印刷したりできます。

コンポーネントについて

帳票作成や帳票出力処理には、EUR製品に同梱されているコンポーネントを利用します。ここでは、製品に同梱されているコンポーネントの役割を一覧でご紹介します。

独自形式ファイルについて

EURの独自形式ファイルについてご紹介します。

JavaScriptをオンにするとナビゲーションが表示されます。
最新バージョンの製品サイトマップはこちら。