ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

C/S560:構成/機能

560/20プリントサーバ

製品概要

T-560/20オンライン印刷データをさまざまな形式に出力!

CommuniNet Print Serverは、Windows®サーバ上でT-560/20オンラインプリンタ端末エミュレータとして動作し、メインフレームから受信した印刷データを集中して処理することができます。またテキスト、CSVファイル形式への出力もできます。さらに出力したファイルを操作するファイルアクセス関数を使用して、ユーザアプリケーションプログラムを開発することもできます。
Print Data Publishing Serviceは、CommuniNet Print Serverと連携して、WWWサーバ上の印刷データをクライアントに接続されたプリンタへ印刷する製品です。

機能

CommuniNet Print Serverには、主に以下の機能があります。

印刷機能

メインフレームからの印刷データをCommuniNet、CommuniNet 560+と同等の機能で印刷できます。GDI、パススルー方式の印刷に対応しています。

  • * GDI印刷:Windowsアプリケーションの一般的な印刷方式で、印刷データをイメージデータでWindowsのスプーラに出力します。
  • * パススルー印刷:デバイスに依存した印刷が可能となる印刷方式。日立製、富士通アイソテック社製、エプソン社製の水平インサータプリンタ制御や任意サイズの連続紙への印刷ができます。
  • * ページモード(HT-2311)印刷機能をご利用になる場合は、弊社営業までご確認ください。

ファイル出力機能

メインフレームからの印刷データをテキスト、CSV形式に出力する機能を提供します。

ファイルアクセス関数の提供

CommuniNet Print Serverが出力したファイルを操作するためのファイルアクセス関数を提供します。
また、Print Data Publishing Serviceには、主に以下の機能があります。

プリンタ出力

WWWサーバ上の印刷データをクライアントに接続されているプリンタに印刷できます。印刷用のコンポーネントはサーバより自動的にダウンロードされるため、クライアントへのインストールは必要ありません。

ファイル出力

WWWサーバへ出力されたファイル名をリスト表示してダウンロードできます。

システム構成

CommuniNet Print ServerやPrint Data Publishing Serviceを利用することで、T-560/20のオンライン印刷データを様々な形式での配信や再利用が可能となります。

製品の概要図

560/20プリントサーバの各製品の詳細につきましては、下記のファイルをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。