ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

CommuniNet Object Server

CommuniNet Object Serverは、クライアントのWWWブラウザ上からメインフレームへのオンライン接続を実現する端末エミュレータ製品です。
本製品は、クライアントがオンライン接続を行うのに必要な情報を全てWWWサーバ(COSサーバ)上で管理し、端末エミュレータ起動時に自動的に必要な情報をサーバからクライアントにダウンロードします。

560 Web Adaptor

560 Web Adaptorはホストアクセスを行うためのアプリケーションインターフェースをJavaのクラスライブラリとして提供します。また、オンライン業務をGUI操作でJavaBeansとして部品化するためのツールを提供します。

CommuniNet

CommuniNet は、メインフレームと接続し、T-560/20オンライン機能をWindows®上で実現する端末エミュレータ製品です。
さらに、CommuniNetの関連製品、アドインソフトであるCommuniNet Extension、CommuniNet 560+及びCommuniNet マルチディスプレイオプションを利用すると、CommuniNetをより有効に活用できます。

560/20プリントサーバ

Windows®サーバ上でT-560/20オンラインプリンタ端末エミュレータとして動作し、メインフレームから受信した印刷データを集中して処理することができます。
また、テキスト、CSVファイル形式での出力が可能であり、出力したファイルを各クライアントの表計算ソフトやユーザアプリケーションプログラムで活用できます。

メインフレーム接続アプリケーションサーバ

メインフレーム接続アプリケーションサーバは、C/S560オンライン環境で、ユーザアプリケーションプログラムとメインフレームの間でデータのやり取りなどの自動化を行うためのユーザアプリケーションインタフェース(ライブラリ)を提供します。