ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

製品概要

T-560/20オンライン機能をWindows®上で実現!

CommuniNetは、メインフレームと接続し、T-560/20オンライン機能をWindows®上で実現する端末エミュレータ製品です。ActiveX/OLE対応により、オープンな環境での基幹業務を提供します。
さらに、CommuniNet ExtensionやCommuniNet 560+、CommuniNet マルチディスプレイオプションといった関連製品やアドインソフトによりホストアクセス機能や拡張印刷機能を提供します。

機能

CommuniNetシリーズの各製品には次の機能があります。

CommuniNet

オンライン処理機能やファイル転送機能、印刷機能などのT-560/20オンライン機能をWindows®上で実現します。

CommuniNet Extension

CommuniNet Extensionが提供するホストアクセス機能のインタフェースを使ってユーザアプリケーションプログラムを作成することで、パソコンとメインフレーム間のデータ交換、キーボードからのオペレーションの自動化などができます。

CommuniNet 560+

パススルー印刷機能、磁気カードリーダやOCRハンドリーダなどの周辺機器の接続により、CommuniNetを機能拡張することができます。

  • * パススルー印刷:デバイスに依存した印刷が可能となる印刷方式。日立製、富士通アイソテック社製、エプソン社製の水平インサータプリンタ制御や任意サイズの連続紙への印刷ができます。
  • * ページモード(HT-2311)印刷機能をご利用になる場合は、弊社営業までご確認ください。

CommuniNet マルチディスプレイオプション

CommuniNetをマルチディスプレイ環境で動作させることができます。

システム構成

CommuniNetは、TCP/IPを使用してメインフレームと通信を行います。

CommuniNet システム構成図

CommuniNetシリーズの各製品の詳細につきましては、下記のファイルをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。