ページの本文へ

Hitachi

日立総合特許情報システム

導入事例:セイコーエプソン株式会社

グローバルな知財戦略の推進に寄与する日立特許情報提供サービス「Shareresearch」

利用者を選ばない、使いやすいUIを評価

長年にわたって使用されてきた既存サービスからの短期間での移行を目標としていたため、UIには最も気を使ったと語る谷口氏は、「マニュアルも何も見せずに操作させ、一般ユーザーから“最も使いやすい”と高い評価を得たことがShareresearch選定の大きな決め手になりました」と付け加えます。
日立のShareresearchは、見やすいWeb画面上から、検索キーを用いた書誌・全文検索をはじめ、公報などの文章を引用した概念検索、キーワードを指定できるコマンド検索など、幅広いユーザー層に適した検索環境を提供。国内特許はもちろん、米国・欧州、そして経済発展を続けるBRICsなどの特許公報についても、同じインターフェースでシームレスに検索できるのが大きな特長となっています。

[画面]わかりやすい検索画面の一例
わかりやすい検索画面の一例

導入時には既存サービスからのデータ移行についても日立が全面的にサポートし、一般ユーザーの協力も得ることで、検索式や経過監視情報などを新環境にほぼ100%移行することに成功。
システム運用の担当者である知的財産本部 知財企画管理部 特許管理グループ 主任の金澤 義博氏は「当初、既存サービスからの検索式の移行が最大の課題でしたが、日立さんから専用の移行ツールを提供いただいたことで作業効率が大幅に向上しました」と笑顔を見せます。
導入教育は操作法講習会のほかに、金澤氏らが中心になって制作した機能別操作法の動画コンテンツや独自のFAQサイトをWebにアップすることで、多拠点のユーザーにも効率的な事前教育とトレーニングを実施。わずか4ヵ月間の並行運用でShareresearchへのスムーズな移行を実現し、現在、約5,000名の社員がShareresearchを利用しています。

[写真]セイコーエプソン社内講師による操作法講習会の様子
セイコーエプソン社内講師による操作法講習会の様子

特記事項

  • 2011年7月21日 掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
  • 本サイトで紹介しておりますソリューションについてのお問い合わせは株式会社 日立製作所 公共システム営業統括本部が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

他の導入事例も見る

[イメージ]日立総合特許情報システムについて他の事例をご覧になる場合は、導入事例一覧をご参照ください。

日立総合特許情報システムについて他の事例をご覧になる場合は、導入事例一覧をご参照ください。
導入事例一覧はこちら

特許情報提供サービス「Shareresearch」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

カタログ請求

お申込み完了後、カタログ/資料を郵送いたします。

カタログダウンロード

カタログPDFをダウンロードして閲覧いただけます。