ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

「継続革新型 生産マネジメントシステム導入サービス」は、お客さまに最適な生産システムを短期間に構築していただけるサービスです。以下、システム構築までの基本的な流れをご紹介していきます。

  ■ STEP1 : 現状の把握

お客さまの業務改革スピードをさらに高めていただくために有効なのが、関連サービスとして提供している「継続革新型業務診断サービス」です。このサービスは、日立グループが幅広いモノづくりの中で培ってきた業務改革の実績と実証結果から編み出した3軸分析手法を適用し、標準で3か月、最短なら1.5か月程度という短期間で、お客さまの「現状」と、全体最適化された「あるべき姿」とのギャップを改善点と投資可能な費用として算出できます。

会社の現状が定量的なデータによって「見える化」され、情報・データの部門間連携上の問題点や課題を全社で共有できるため、業務改革へのスピードを向上させることが可能となります。

  ■ STEP2 : 改革の立案

診断結果をもとに、お客さまには自社の業務機能やプロセスを全体最適な視点に変革していく、「あるべき姿」に向けた業務改革計画書を作成していただきます。

業務改革計画書の作成では、「あるべき姿」の実現に向け幅広い業務知識とシステム構築ノウハウを備えた専門スタッフによる効果的な支援が可能です。その際のベースとなるのが、改革シナリオをドキュメント化した「業務改革グランドデザイン集」を含めた各種ノウハウ集です。ここには、モノづくり企業の業務機能単位で、問題点や課題と仕組み変革の要点、ねらうべき期待効果などが整理されており、業務改革に向けたポイントをお客さま自身で効率的に抽出し、理解を深めていただけるようになっています。

  ■ STEP3 : 業務改革の実践

お客さまが作成した業務改革計画書に沿って生産システムの導入をご提案します。全体最適化視点から他の業務システムやERPパッケージの導入なども提案させていただきます。

「継続革新型 生産マネジメントシステム導入サービス」のシステム構築では、共通化すべき業務である間接業務に、標準テンプレートを使用することで、構築期間を大幅に短縮できます。また、個別化すべきモノづくり現場業務では、お客さま担当者と"モノづくりのこだわり"部分のすり合わせを徹底的に行い、個別モジュール開発を支援します。

このほかにも業務ノウハウが随所に盛り込まれています。

お問い合わせ

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す