ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

市況の厳しい状況の中、モノづくり企業は日々多くの課題対応を求められています。その中で内なる仕組みの見直しについて経営スピード向上と現場力の強化・生産性向上の2つの課題について解決策をご紹介します。

経営スピードの向上

現場力を低下させずにシステム全体を最適化し、経営スピードを向上させる方法はないでしょうか?

日立では、グループのモノづくりノウハウを活かして「継続革新型 生産マネジメントシステム導入サービス」をご提供しています。
本サービスでは、業務改革に成功した日立グループ内の業務モデルをひな形に、製造業に必要な業務機能を徹底的に洗い出し、ビジネスプロセスの全体最適化モデルを作成しました。


生産管理部サービスイメージ
継続革新型 生産システム(テンプレート)のサポート機能範囲
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

マネジメント系間接業務は、ITを駆使した一気通貫型のコンポーネントによって「共通化」する一方、モノづくり現場業務では、生産品種ごとに"モノづくりのこだわり"を技術の伝承へとつなげるビジネスモデルで徹底的なスクラッチ開発を行い、高品質・高効率かつ独自性に優れた「個別化」の開発を支援して、モノづくり現場力の最大化を実現させていきます。

全社「共通化」とモノづくり現場「個別化」の両立を図ることによって、各現場からの情報粒度の全社整合性が確保され、「経営の見える化」はもちろん、「生産現場の工程別の見える化」も促進。経営レベルと現場レベルが直結した、全社あげてのスパイラルな変革へと導いていきます。

現場力の強化・生産性向上

現場力の強化や生産性向上を図る機能としては、どのようなものがあるのでしょうか?

「継続革新型 生産マネジメントシステム導入サービス」では、モノづくりの自律的進化を促す機能を体系化した標準テンプレートと個別モジュールを提供しております。

担当者が利用する画面は担当者目線で設計してあり、担当者の処理権限などの条件に合わせて必要な情報を見やすく提供します(下図)。また、"キーボード入力レス化"の思想のもとにマウス操作主体のストレスのない入力・操作環境を提供します。


継続革新型 生産システム(テンプレート)画面例
継続革新型 生産システム(テンプレート)画面例

お問い合わせ

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す