ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

業務機能を徹底的に洗い出すことにより機能の「共通化」と「個別化」を実現。共通化による『業務プロセスの全体最適化』で省力化とビジネススピードを向上。「個別化」では徹底的な造り込みにより『モノづくり現場力を最大化』するための各種仕掛を組み込めます。

業務機能を「マネジメント/基準・計画/現場実績レイヤ」のPDCAに体系化した各種テンプレートを提供します。標準コンポーネントと個別モジュールの組み合わせにより全社整合性を確保し、工場・品種ごとにジャストフィットした生産システムを構築できます。

継続革新型の企業モデル

全体最適化に向けた業務改革を実現するための生産マネジメントシステムです。

業務プロセスの全体最適化

モノづくり企業に必要な機能を徹底的に洗い出し、業務機能を中心とした全体最適化モデルを実現しています。
モノづくりに関わる業務機能を、マネジメント系間接業務機の共通コンポーネン化と、モノづくり業務機能の個別モジュールを組み合わせるハイブリッド方式を採用しており、短期間でのシステム構築が可能です。

継続革新型 生産システム業務モデル図
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

モノづくり現場力を最大化する基準・目標計画主導型管理手法

基準・目標計画主導型管理手法とはモノづくりの各工程に対し、基準値・目標値・各種生産計画を設定します。画面に表示された計画と実績情報の比較を常におこなうことで、変化点・異常値を重点監視することができます。
また現場では、蓄積した実績情報から計画との乖離原因を追求し、更なるモノづくり力の自律的進化をうながすことができます。現場から発生した情報は経営指標にダイレクトに反映し、全社で共有することで、現場と経営層が直結したPDCA業績管理を実現します。

全体最適化の一例 情報発生源自己完結型リアルタイム処理

「付加価値を生む情報の発生源は1つ」、「情報を価値に変えられるのは現場」という考えから、発生した情報は発生した部署で責任を持って入力します。これによりデータの再入力といった作業の重複や、入力ミスを大幅に削減します。
また、発生源で情報を入力することで、基準値との差異や目標との乖離といった事象をリアルタイムに把握し、適宜是正することができます。

このほかにも業務ノウハウが随所に盛り込まれています。

お問い合わせ

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す