ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

【事例】全日本空輸株式会社

グローバル競争を支えるITインフラに 日立の従量課金型プライベートクラウドを導入

[写真]全日本空輸株式会社

課題

グローバル事業の拡大に向け、ITコストの変動費化とBCP*1強化を両立させたかった

*1
Business Continuity Plan

解決

重要システムの基盤となるプライベートクラウドに、Hitachi Cloudの従量課金型PaaS*2を導入

*2
Platform as a Service

効果

DR*3環境をも整備されたPaaSの導入でトータルコストを40%削減

DR*3環境をも整備されたPaaSの導入でトータルコストを40%削減

*3
Disaster Recovery

大きな強みを持つ国内線に加え、東京国際空港(羽田空港)を中心とした国際線ネットワークの拡大で、グローバル戦略を一段と強化している全日本空輸株式会社(以下、ANA)。日本で唯一、最高評価の5スターの認定を2013年から3年連続で受けるなど、ANAのブランドは、世界のエアライン業界において確固たる地位を築き上げています。

5ページ中1ページ

[お客さまプロフィール]全日本空輸株式会社


ロゴ:全日本空輸株式会社

[本社] 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
[設立] 2012年4月2日
[資本金] 25,000百万円
[従業員数] 12,360名(2015年3月31日現在)
[事業内容] 定期航空運送事業、不定期航空運送事業、航空機使用事業、その他付帯事業

特記事項

  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、全てのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
  • 記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
  • *本サイトで紹介しておりますソリューションについてのお問い合わせは株式会社日立製作所 産業・流通ビジネスユニット 産業ソリューション事業部が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。