ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

【事例】名豊興運株式会社

クラウドによる短期間での倉庫管理システム立ち上げ

〔3〕冷蔵倉庫に必要な機能とノウハウをトータルに提供

名豊興運が選択したのは、日立の「Sherpa/倉庫管理クラウドソリューション」でした。本サービスは、ニチレイロジグループ約100拠点の業務ノウハウを集結して開発されたもので、冷蔵倉庫や食品物流センターなどで必要となる多様な管理機能を短期間・低コストで導入できます。
具体的には、DC*2/TC*3をはじめとした、食品サプライチェーンのさまざまな物流センターモデルに対応しており、約400機能/150帳票からなる複数の業務グループ(サブシステム)から、在庫系サブシステムや請求・売上管理系サブシステムなど、お客さま企業に必要な機能を自在に組み合わせるだけで、ノンカスタマイズで導入できます。また、パラメータ設定などによる荷主個別ニーズへの柔軟な対応も重視し、標準化と個別機能の両立をバランスよく実現できるのが特長です。
これにより、既存荷主だけでなく、新規荷主への対応も迅速に行えるほか、現場作業効率の向上と標準化を図ることが可能となります。また、保税*4、請求、不定貫管理*5など冷蔵倉庫業界に必要とされる機能もトータルに提供されるため、ネットワーク回線とWebブラウザがあれば、サービス導入後すぐに業務利用が可能となります。

*2
Distribution Center:在庫保管型センター
*3
Transfer Center:通過型センター
*4
外国貨物に対する輸入税の賦課を猶予したままの状態で蔵置すること
*5
食品流通業界において、荷姿ごとの重量が異なる商品(食肉・魚など)を管理すること

特記事項

  • 2011年11月「はいたっく」掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、全てのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
  • 記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
  • 掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。

事業移管のご案内

本事例で導入している「Sherpa/倉庫管理クラウドソリューション」は2014年4月1日より 株式会社 日立製作所 から 株式会社 日立フーズ&ロジスティクスシステムズ  へ事業移管しました。

【「Sherpa/倉庫管理クラウドソリューション」に関するお問い合せ先】
  株式会社 日立フーズ&ロジスティクスシステムズ 企画本部 情報企画部 03-3545-6258

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。