ページの本文へ

Hitachi

IoT/M2Mソリューション

IoTデータからデジタル空間に生産ラインを再現し生産業務全体の最適化を支援

複数の生産現場に散在する、生産設備の稼働状況や品質情報などのOT*1データおよび生産計画や在庫管理などのITデータを、デジタル空間上でひも付け、デジタルデータを容易に利用できるようにすることで、生産業務全体を通じた改善や最適化を支援するソリューション「IoTコンパス」をリリースしました。
本ソリューションは、鋳造やプレス加工、溶接、塗装、組み立てなどさまざまな生産工程に点在する業務およびOT/ITデータ間の「つながり」を独自の生産業務モデルを用いて管理することで、現場視点での分析や最適化に必要なデータの抽出や利用を容易にします。また、生産工程全体を見通した分析やシミュレーションによる最適化を支援します。

生産現場デジタルツイン化ソリューション「IoTコンパス」の図

*1
OT:Operational Technology
*2
4M:Man(人)、Machine(設備)、Material(材料)、Method(方法)
  • 特長
  • 適用例
  • サービスメニュー

特長

日立独自の生産業務モデルで工場内に散らばるデータを管理し
データを活用した改善活動や生産最適化を支援

工場中のデータを可視化
工場中に散らばったデータに一元的にアクセス可能となり、工場中を探し回ることなくデータを利用できます。
工場中のデータに「横串」を通す
作業実績や使用設備や材料などを軸に、工場内の関連データを一括で抽出できるようになり、工程間をまたがった改善や生産履歴のデータ探索時間を短縮します。
生産工程に沿ったビジュアル表示とフィルタリング機能
他工程のデータなど、利用者が知らなかった関連データも発見しやすくなります。
クリックでデータマート生成
IoTデータ(作業実績・品質データ等)をクリックするだけで連結しデータマートを生成。
探索したデータから必要な部分だけ抽出し連結。分析に必要なデータマートを簡単に生成できます。

生産現場デジタルツイン化ソリューション「IoTコンパス」の特長

適用例

  • 複数の工程が絡んで発生する課題の解決
  • 不良発生時の原因分析とリコール範囲の特定
  • 複数工程の制約条件を満足する生産投入順の改善

サービスメニュー

サービスメニュー詳細
名称 概要
生産現場デジタルツイン化ソリューション
「IoTコンパス」
各工程に個別に蓄積されているOT/ITデータを、独自の生産モデルにひも付け集約し、全体最適化視点での分析やシミュレーション・AI実行を、迅速かつ継続的に行えるようにする生産現場のデジタルツイン化ソリューションを提供します。