ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

COBOL2002:FAQ:機能・運用に関するご質問

Q1. COBOL2002で作成したプログラムをJavaプログラムから呼び出せますか?

COBOL2002は、COBOLプログラムとJavaプログラムを連携させるための Java連携機能を提供しています。OpenTP1サーバ環境下のCOBOLアプリケーションを呼び出す場合は、別製品の TP1サーバ用Java連携を提供しています。
これらの機能を利用することによって、Javaプログラムと連携するCOBOLプログラムを作成できます。

Q2. JavaアプリケーションからCOBOLアプリケーションを呼び出しているプログラム構造で、COBOLアプリケーションで更新したデータベースをJavaアプリケーションでコミットできますか?

uCosminexus TP1 ConnectorとCOBOL2002のTP1サーバ用Java連携製品とを共に使用して、JavaアプリケーションからCOBOLアプリケーションを呼び出す構成にすれば、COBOLアプリケーションで更新したデータベースをJavaアプリケーションでコミットできます。
ここで、uCosminexus TP1 Connector は、J2EEサーバとuCosminexus OpenTP1上のアプリケーションとのトランザクション連携(2フェーズコミット)を実現します。J2EEサーバ側からCOBOLアプリケーションを呼び出すときは、TP1サーバ用Java連携製品と共に使用します。
なお、COBOL2002製品のJava連携機能を使用して、Javaアプリケーションから直接COBOLアプリケーションを呼ぶ構成ではJ2EEサーバ上のJavaアプリケーションでコミットできません。こうした構成では、COBOLアプリケーション内でトランザクションが閉じるように開発してください。

Q3. COBOL2002を購入前に使用してみたいのですが、体験版はありますか?

体験版の入手方法については、COBOL2002:体験版を参照してください。

Q4. データベースへのアクセスは可能でしょうか?

日立の提供するHiRDBをはじめ、Oracle®、Microsoft® SQL Server、PostgreSQLなどの各種データベースにアクセスできます。
COBOL2002からこれらのデータベースにアクセスする方法としては、データベースが提供しているプリプロセッサを使用する方法、WindowsまたはLinuxのODBCインタフェースを使用する方法などがあります。
アクセスするデータベースが、COBOLプリプロセッサを提供している場合は、プリプロセッサの使用をお勧めします。
LinuxシステムでODBCインタフェース機能を使用したデータベースアクセスについての注意事項については、Linux版COBOL2002の注意事項を参照してください。

Q5. C#やVisual BasicプログラムからWindows版COBOL2002で作成したプログラムを呼べますか?

C#やVisual Basicなどの.NET Framework言語では, C/C++やCOBOLで作成されたWindows直下で動くDLLを呼び出す機能を提供しています。
詳細はWindows版COBOL2002の.NET Framework連携を参照してください。

Q6. COBOLプログラムからC言語で作成したプログラムを呼び出すことができますか?
また、他言語を呼び出す際に、必要となるライセンスはありませんか?

COBOLプログラムからC言語で作成したプログラムを呼び出すことができます。
また、C言語で作成したプログラムを呼び出す際には、追加で必要となるライセンスはありません。

Q7. COBOLプログラムからJavaプログラムを呼び出すことができますか?
また、Javaプログラムを呼び出す際に、必要となるライセンスはありませんか?

Windows版COBOL2002で作成したCOBOLプログラムからJavaプログラムを呼び出すことができます。
COBOL2002 Developer Professionalが提供するプログラム作成支援ツールを利用することで、使用するJavaプログラムに合わせたCOBOLプログラムの作成が容易になります。
また、Javaプログラムを呼び出す際には、Javaプログラムを実行するために、CosminexusまたはOracle Javaのライセンスが必要です。
必要となるライセンスの詳細は担当営業にお問い合わせください。

Q8. 開発環境でコンパイルしたDLLを別のWindowsの環境で呼び出しを行いたい。そのDLLを開発環境から別のWindows環境へ配布できますか?

作成したDLLそのものは、配布可能です。
作成したDLLを動作させるには、動作環境ごとに運用環境製品、または開発・運用環境製品のライセンスが必要です。

Q9. Linux上でCOBOLソースの編集ができますか?

Linux版COBOL2002のCOBOLソースの文字コードはシフトJISです。シフトJISで編集できるエディタを使用してください。Windows版COBOL2002のCOBOLエディタでの編集を推奨します。COBOLエディタはシフトJISのCOBOLソースを編集できるエディタで、便利な編集機能(構文テンプレート、キーワード補完、色分け表示など)を用いて編集できます。
COBOLソースファイルはftpなどで転送してください。

Q10. Linux版COBOL2002では、データ項目や文字定数はプログラム実行時にどのような文字コードとして扱われますか?

データ項目や文字定数は、プログラム実行時に英数字項目と英数字定数はUTF-8、日本語項目と日本語文字定数はUTF-16(USC-2の範囲)として扱われます。
COBOLソース中の文字定数は、英数字定数はUTF-8に、日本語文字定数はUTF-16に変換されてオブジェクト中に埋め込まれます。

Q11. Windows版COBOL2002製品のアンインストール方法を教えてください。

「スタート」-「コントロールパネル」-「プログラムと機能」から対象製品を選択してください。
なお、次の点に注意してください。

  • COBOL資産などをインストールフォルダ配下に格納しているときは、別のフォルダに退避してから作業してください。
    アンインストーラは、削除対象としていないファイルやフォルダが存在したら、それらを削除しない仕様ですが、万が一のことを配慮し、退避することをお勧めします。
  • COBOLプログラムの実行中にはアンインストール作業しないでください。COBOLプログラムが正常に実行できないことがあります。

Q12. Linux版/UNIX版COBOL2002製品のアンインストール方法を教えてください。

Linux版/UNIX版COBOL2002では、「日立PPインストーラ」を使用して製品をインストールします。アンインストール時も、このインストーラを使用してアンインストールしてください。
なお、COBOL2002製品をアンインストールする場合、ISAM製品やSORT製品がインストールされている環境でお使いの場合は注意事項がありますので、次の注意事項を参照ください。

Q13. Windows版COBOL2002製品をバージョンアップやリビジョンアップするとき、ISAM製品やSORT製品が同一の環境にインストールされていてもそのまま上書きインストールで問題ないですか?

COBOL2002製品をWindows XPまたはWindows Server 2003の環境でお使いの場合は注意事項がありますので、担当営業にお問い合わせください。それ以外のインストール環境では、上書きインストールできます。

Q14. COBOL2002製品とISAM製品の2つの製品をインストールする順番に決まりはありますか?

Windows版:
インストール順序を意識する必要はありません。
Windows XPまたはWindows Server 2003の環境でお使いの場合は注意事項がありますので、担当営業にお問い合わせください。
Linux版:
注意事項がありますのでLinux版COBOL2002の注意事項を参照ください。
UNIX版:
注意事項がありますのでUNIX版COBOL2002の注意事項を参照ください。

Q15. テキスト編成のファイルに対するWRITE文/REWRITE文で、末尾に半角空白文字(X'20')がある場合に、半角空白文字が削除されずに、そのまま書き出される方法はありますか?

レコード末尾の空白文字を出力する機能で実現できます。
この機能を使用するには、実行時環境変数CBLD_ファイル名にTEXTWRITESPACEを指定するか、実行時環境変数CBLTEXTWRITESPACEにYESを指定してください。

Q16. UnicodeデータのCSV編成ファイルを作成できますか?

Windows版、Linux版、AIX版、およびHP-UX(IPF)版(32ビット版のみ)のCOBOL2002は、Unicode機能を提供しており、文字コードがUTF-8のCSV編成ファイルを作成できます。
なお、出力するレコード領域に用途がNATIONALの項目を含む場合、該当する項目の文字コードをUTF-16からUTF-8に自動変換することで、CSV編成ファイルの文字コードをUTF-8に統一します。

Q17. Windows版COBOL2002製品でサポートしているプリンタは何ですか?

ESC/Pモード印刷では、印刷先はESC/Pに対応するプリンタである必要があります。Windows版COBOL2002製品のGDIモード印刷では、具体的なプリンタの種類を意識していません。

Q18. COBOL2002の実行支援で、[設定]-[印刷書式]で設定可能なフォントを教えてください。

[設定]-[印刷書式]では、属性が日本語用のフォントだけを設定可能にしています。

Q19. COBOL2002を使用する環境で、言語設定UTF-8をサポートしていますか?

AIX版、HP-UX(IPF)版、Windows版のCOBOL2002は、UTF-8環境でのコンパイル/実行をサポートしていません。
Linux版COBOL2002は、UTF-8環境でのコンパイル/実行をサポートしています。
なお、COBOL2002の運用環境ではUnicodeのデータを扱えますが、ソースプログラムはシフトJISで記述します。

Q20. COBOLプログラムで、文字列の全角を半角に変換することができますか?

SEWB+/標準サブルーチンのライセンスをご購入ください。
サブルーチン'LXRPIC02'を呼び出す事で、全角を半角に変換することができます。
なお、サポートプラットフォームはSEWB+/標準サブルーチンを参照してください。

Q21. HiRDBやOracleのデータベースに数値型で20桁を保持している項目をCOBOLで扱えますか?

64ビット版COBOL2002製品は数字項目で扱えるけた数の上限を18けたから38けたに拡張した数字項目のけた拡張機能を提供しています。
この機能を利用することによって、HiRDB、ORACLEデータベースアクセスで38けたまでの数字項目が使用できます。