ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

COBOL2002:動作環境

COBOL2002製品の動作環境を次に示します。製品の対応バージョンについては、担当営業にお問い合わせください。

Windows COBOL2002(64ビット版)

製品名 適用OS *1
COBOL2002 Developer Professional(64) Windows Server 2019、
Windows Server 2016、
Windows Server 2012 R2、
Windows Server 2012、
Windows Server 2008 R2、
Windows 10 x64、
Windows 8.1 x64、
Windows 7 x64
COBOL2002 Net Developer(64)
COBOL2002 Net Server Suite(64) Windows Server 2019、
Windows Server 2016、
Windows Server 2012 R2、
Windows Server 2012、
Windows Server 2008 R2
COBOL2002 Net Server Runtime(64)
*1
WindowsのService Packの対応状況については、 日立ミドルウェアのプラットフォーム対応状況 NewWin をご参照ください。

Windows COBOL2002(32ビット版)

製品名 適用OS *1 *2
COBOL2002 Developer Professional Windows Server 2019、
Windows Server 2016、
Windows Server 2012 R2、
Windows Server 2012、
Windows Server 2008 R2、
Windows 10 x64、
Windows 10 x86、
Windows 8.1 x64、
Windows 8.1 x86、
Windows 7 x64、
Windows 7 x86
COBOL2002 Net Developer
COBOL2002 Net Server Suite Windows Server 2019、
Windows Server 2016、
Windows Server 2012 R2、
Windows Server 2012、
Windows Server 2008 R2
COBOL2002 Net Server Runtime
COBOL2002 Net Client Suite Windows 10 x64、
Windows 10 x86、
Windows 8.1 x64、
Windows 8.1 x86、
Windows 7 x64、
Windows 7 x86
COBOL2002 Net Client Runtime
*1
x64版のWindowsでは、32bit互換モード[WOW64]で動作します。
*2
WindowsのService Packの対応状況については、 日立ミドルウェアのプラットフォーム対応状況 NewWin をご参照ください。

Linux COBOL2002(64ビット版)

製品名 適用OS
COBOL2002 Net Server Suite(64) Red Hat Enterprise Linux Server 7 (64-bit x86_64) *1
COBOL2002 Net Server Runtime(64)
*1
ミドルウェア製品のRed Hat Enterprise Linux 7の対応状況については、 日立ミドルウェア製品の Red Hat Enterprise Linux 7 対応状況 NewWin をご参照ください。

UNIX COBOL2002(64ビット版)

製品名 適用OS
COBOL2002 Net Server Suite(64) AIX V7.2 *1
AIX V7.1 *1
COBOL2002 Net Server Runtime(64)
*1
SMT(Simultaneous Multi-Threading)機能に対応していますが、システム稼働中のSMT機能の動的なON/OFF操作は保証しておりません。

UNIX COBOL2002(32ビット版)

製品名 適用OS *1
COBOL2002 Net Server Suite AIX V7.2 *2
AIX V7.1 *2
COBOL2002 Net Server Runtime
*1
64ビットオペレーティングシステム上では、32ビットアドレッシングモードで動作します。
*2
SMT(Simultaneous Multi-Threading)機能に対応していますが、システム稼働中のSMT機能の動的なON/OFF操作は保証しておりません。