ページの本文へ

Hitachi

情報・通信 サステナビリティ

日立は、ワークスタイル変革の効果を見える化し社員が生き生きと働ける環境作りに取り組んできました。この自らの経験をもとに、生産性の向上やコスト削減などの課題を解決するだけでなく、個人の働きやすさ向上までサポートします。これらの取り組みは生産性の向上やコスト削減だけでなく、環境負荷低減への貢献も期待されています。

ワークスタイル変革の効果を見える化し社員が生き生きと働ける環境作りに取り組み、生産性の向上やコスト削減などの課題解決、個人の働きやすさ向上までサポートします。

適用ユースケース

RPA(*1)導入事例:基幹システムへの受注入力作業の自動化(日立システムズ)

営業手配業務における受注手配システムへの登録作業にRPA導入した場合におけるCO2排出削減量の算定事例を紹介します。

帳票処理支援ソフトウエア導入事例:非定型帳票の入力から照合までの作業を自動化(日立情報通信エンジニアリング)

非定型帳票の入力から照合までの作業に帳票処理支援ソフトウェアを導入した場合のCO2排出削減量の算定事例を紹介します。

チャットボット(*2)導入事例:事務手続きに関する問い合わせ対応業務の効率化(日立製作所 サービス&プラットフォーム事業本部)

総務部門の勤労関係の問い合わせ業務にチャットボットを導入した場合のCO2排出削減量の算定事例を紹介します。

ホテル向けIPテレフォニーソリューション導入事例:客室清掃管理のスタッフ業務効率向上(日立情報通信エンジニアリング)

スタッフの客室清掃管理でホテル向けIPテレフォニーソリューションを導入した場合のCO2排出削減量の算定事例を紹介します。

介護施設向けケア支援ソリューション導入事例:介護施設スタッフの業務効率向上(日立情報通信エンジニアリング)

介護施設スタッフが利用者対応で介護施設向けケア支援ソリューションを導入した場合のCO2排出削減量の算定事例を紹介します。

JP1/ Client Process Automation導入事例:RPA(*1)で自動化した業務をより効率的に運用(日立製作所 サービス&プラットフォーム事業本部)

社内10部門で行う業務にJP1/Client Process Automationを導入した場合のCO2排出削減量の算定事例を紹介します。

*1
Robotic Process Automation
*2
デジタル対話サービス:チャット(会話)とボット(ロボット)を組み合わせ、人工知能(AI)を活用した「自動会話プログラム」
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。

新規ウィンドウアイコン 新規ウィンドウを表示