ページの本文へ

Hitachi

資源循環型社会の構築をめざしてイメージ写真提供:東京エコリサイクル(株)

日立は、持続可能な資源循環型社会の構築をめざして、従来の直線型経済から循環型経済への移行を推進しています。
そのため、自社の事業活動における資源や資産の有効・継続活用と、バリューチェーンを通じた資源のサーキュラリティ実現の2つのアプローチで取り組んでいきます。
情報・通信部門ではIT機器を回収し、リユース・リサイクルをすることで資源の循環・有効利用を推進しています。

IT機器回収の取り組み

資源有効利用促進法に基づき、環境省の産業廃棄物広域認定を活用した「IT機器回収サービス」により、使用済みのIT機器を全国各地の処理施設で適正に処理を行い、資源の循環利用を推進します。
回収した機器(特にHDD等の記憶装置)は、情報漏洩防止の管理を徹底し、確実に機能破壊を実施した後に再資源化を行います。

産廃広域認定を活用したIT機器回収サービスにより、使用済みIT機器を全国一律で回収し、資源の循環利用を推進します。

IT機器回収の取り組み

バリューチェーンを通じた資源循環の取り組み

日立コンピュータープロダクツ(アメリカ)では、大容量ストレージシステムを新規機種と交換した際の使用済み機器の一部を、清掃・再検査の後、当社保証の保守部品としてリファビッシュ(*1)しています。

*1
リファビッシュ:使用済み製品を整備し新品に準じる状態とすること

バリューチェーンを通じた資源循環の取り組みを図で現わしています。