ページの本文へ

Hitachi

セキュリティ

セキュリティガバナンス

経営部門から現場部門、サプライチェーンまで、企業の業務全体を守るための
セキュリティガバナンスと運営の仕組みづくりを支援します。

「企業全体で守る」セキュリティガバナンスの構築を、日立とともに

DX(デジタルトランスフォーメーション)やクラウドの浸透により情報システムの重要性はかつてないほど高まり、それに伴い企業の核心的情報を狙う攻撃は年々巧妙化、大規模化しつつあります。
「セキュリティツールを導入したら、あとは情シス部門に任せておけば安心」という考え方は既に過去のものとなりつつあります。

日立は、自社グループ内での経験も踏まえて、お客さまの各部門が当事者意識を持って、サイバー脅威から業務を守るための、企業全体のガバナンスの構築と、運営のための仕組みづくりを支援します。
経営層や現場部門、サプライチェーンなど業務内容や考え方の異なる領域を網羅し、セキュリティ運用をそれぞれ最適化することが企業全体の堅ろう化に繋がります。

すべての部門とサプライチェーンが当事者意識を持って運用するためのセキュリティガバナンス作り

セキュリティ対策計画の立案から実施、第三者認証までをトータルにサポート

セキュリティガバナンスで最も重要なポイントは、「計画が想定通りに、継続的に運用できること」です。
日立はお客さまの各部門のヒアリングや分析などを通じて、業務に適したセキュリティ規則のコンサルティングや、サイバー攻撃に対応するための組織作りのコンサルティング、経営者から現場部門など部門最適化したセキュリティ教育など、企業全体を守るためのガバナンス作りを、ともに実現することを支援します。
また、計画から運用に至るセキュリティの取り組みが検証可能な形で企業全体に浸透していることの証左として、第三者認証の取得もサポートいたします。

計画立案⇒対策実施⇒点検/改善⇒第三者認証

継続的な状況分析とガバナンスの見直しで、長期にわたるビジネスの安定化を

セキュリティガバナンスは構築がゴールではなく、むしろスタート地点です。組織全体で正しく運用されているかの継続的な分析はもちろん、新たに生じるさまざまな問題や規制に継続的に対応するための検証や、見直しが不可欠です。
日立はお客さまとの長期的なパートナーシップを想定し、定期的なガバナンスの履行状況の検証や、見直しをご提案します。新たな規制や多様化し続けるサイバー攻撃への対応を継続的に行なうことで、ビジネスへの影響の最小化と、安定化を支援いたします。

ビジネスインパクト分析⇒サイバーBCP作成⇒サイバーBCMの運営⇒効果検証・継続的改善|セキュリティガバナンスの見直しプロセス(サイバーBCPの例)

セキュリティガバナンスの見直しプロセス(サイバーBCP*の例)

  *
BCM:Business Continuity Management
  *
BCP:Business Continuity Plan